このページの本文へ

内蔵用IDEデバイスを外付けに変換する5インチベイキットが登場!

2004年03月18日 15時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
OWL-BRA9035
内蔵用IDEデバイスをUSBに変換するという5インチベイ搭載製品「OWL-BRA9035」

 オウルテックの「アルミカスタムシリーズ」から、IDEをUSBに変換し内蔵用デバイスを外付けデバイスとして使用できるという5インチベイアダプタ「OWL-BRA9035」が発売された。



正面
正面部には、IDE接続ポートの40ピンコネクタと電源用の4ピンコネクタ、さらにUSB2.0に対応したポートがひとつ装備されている

 同梱の内部接続ケーブルでマザーボード上のUSBヘッダピンと接続し、ドライブ用の4ピン12Vコネクタで電源を供給。ベゼル裏の基板でUSB-IDE変換を行いIDEインターフェイスを外に出す仕組みで、あとは本体正面部のIDE40ピンコネクタと4ピン12Vコネクタに内蔵用IDEデバイスを接続すれば外付けのUSBドライブとして認識されるようになる。従来のUSB対応の外付けケースと異なり、別途ACアダプタなどによる電源供給はもちろん不要だ。本体正面にはUSB2.0ポートも設けられておりUSB機器の接続も可能。販売しているのはOVERTOPで、価格は3680円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ