このページの本文へ

ASUSTeK製のATXケースが登場!300W標準搭載で約1万円

2004年03月12日 22時52分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ASUSTeK製のATXケース Power ASUS
ASUSTeK製のATXケースという珍しい製品フロントに小さく書かれた“Power ASUS”という文字
開閉扉 スライド式の扉
5インチベイの上から2段までは開閉式の扉が装着されている3.5インチベイ2段もスライド式の扉が装着されている
内部 ブラックのモデル
内部は一般的なATXケースだフロントがシルバーで筐体がブラックのモデルもあり

 ASUSTeK製のATXケースという珍しい製品が登場した。同社からは、以前にもロゴが入ったアクリルケースが販売されたことがあるが、今回のように一般的な形態のケースが販売されるのはおそらく初めてのことだ。

 ベイ数は5インチベイ×4、3.5インチベイ×2、3.5インチシャドウベイ×3。前面ポートはUSB2.0×2、オーディオIn/Out。ラインナップはフロントパネルの色がブラック(型番:TA-210)、ホワイト(型番:TA-211)、シルバー(型番:TA-212)の3種類。ASUSTeK製のケースとわかるのは、フロントに小さく書かれた“Power ASUS”という文字のみで、製品自体はシンプルな印象のケースだ。そのフロントのドライブベイは、5インチベイの上から2段まではドライブトレイ連動式の蓋が付き、さらに3.5インチベイにもスライド式の扉が装着されているなど、なかなか凝った作りだ。電源はFSP製で容量300W、背面に9cm角のファンを1基搭載。価格はOVERTOPで9410円(ホワイトとシルバー)、TSUKUMO eX.で9800円(3色)となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ