このページの本文へ

イーレッツ、デュアルLANを搭載した“Be Silent”シリーズの新モデル『Be Silent M6100』を発表

2004年03月22日 18時17分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イーレッツ(株)は22日、小型静音パソコン“Be Silent(ビーサイレント) M”シリーズの新製品として、『Be Silent M6100』を4月中旬に出荷開始すると発表した。M6100はLANポートを2つ搭載し、CD-ROMドライブとHDDを内蔵可能な“CD-ROMドッキングベイ”を増設できるのが特徴。価格はオープンプライス。同社直販サイトの“イーレッツダイレクト”での販売価格は、メモリーとHDD無しモデル(型番:PC-M6100E)が5万4800円、メモリー256MB/HDD40GB/CD-ROMドッキングベイ付OS無しモデル(PC-M6100BA2-40)が8万9800円、メモリー256MB/HDD40GB/Windows XP Professionalモデル(PC-M6100E2-40W)が9万9800円。本日より受注開始する。

『Be Silent M6100』本体
『Be Silent M6100』本体

“Be Silent M”シリーズは、台湾VIA Technologies社のx86互換CPUで低消費電力が特徴のVIA Eden ESP 6000(動作周波数は600MHz)を搭載。大型ヒートシンクと外部ACアダプターを使用することで、CPUファンと内蔵電源(およびファン)を排除した静音設計、ならびに“CD-ROMドッキングベイ”を本体底面に装着することで、CD-ROMドライブ(ATAPI接続)1台とHDDを2台内蔵できる(CD-ROMドッキングベイ内のドライブは、本体のマザーボード上のコネクターとケーブルで接続する)のが特徴。

『Be Silent M6100』は同社が2003年12月に発表した『Be Silent M6000』の下位モデル。IEEE 1394ポート、S-VIDEO/コンポジット出力端子を省略し、LANポートを2つ搭載した。初代モデル『Be Silent S』も同様にLANポートを2つ搭載しており、本機を外部からの不正なアクセスを防ぐ“ファイヤーウォール”や、ネットワークパケットをデータリンク層で中継する“ブリッジ”として利用するユーザーが多かったという(Sシリーズ、M6000は継続販売される)。

『Be Silent M6100』背面
『Be Silent M6100』背面

『Be Silent S』と『Be Silent M6100』を比較したところ
『Be Silent S』(左)と『Be Silent M6100』(右)を比較したところ
主な仕様は、チップセットにグラフィックス機能内蔵のVIA CLE266/VT8235(メインメモリーのうち最大64MBを共有)を搭載。メモリーはPC2100準拠のDDR SDRAMを1枚(最大1GB)搭載可能。HDD接続用にUltraATA/133インターフェースを搭載し、内蔵ベイには2.5インチHDDを1台内蔵可能。“CD-ROMドッキングベイ”装着時はHDD(UltraATA/133)を最大2台内蔵できる。 インターフェースはUSB 2.0×4、シリアル、パラレル、PS/2×2、アナログRBG出力、Line-in/out/MIC(ステレオ3.5mmジャック、MICはモノラル)、10/100BASE-TX準拠のEthernet×2。なお、Line-in/out/MIC端子は、オプションのステレオ2系統分岐ケーブル×3とスピーカー×6を用意すれば、ソフトウェア上で6ch出力にも切り替え可能。 電源は付属のACアダプター(DC12V/4A)より供給する。消費電力は60W。本体サイズは幅204×奥行き197×高さ73mm(M6000と同サイズ)で、重量は約2.6kg。Windows 98 SE/Me/2000/XP、Linux対応のデバイスドライバーCDが付属する。



マネージャーの奥川氏
マネージャーの奥川氏
同社マネージャーの奥川氏によると、今回LANポートを追加したのは、Mシリーズの発売時に販売店からの「Sシリーズは、ファイアーウォールやブリッジとして使いたいユーザーがいるみたいで、いまだに売れてるから、Mシリーズにも2つ付けてみたら?」という声にこたえたもの。Sシリーズは個人ユーザーのみならず、企業ユーザーにも好評であるという。

同社では、イーレッツ創立3周年を記念して“イーレッツダイレクト”で注文した場合、メモリーやHDD、OSを省略したPC-M6100Eを30台限定で4万9800円で販売するキャンペーンを行なうという。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン