このページの本文へ

松下、miniSDカードとSDメモリーカード用のUSB 2.0対応リーダー/ライター『BN-SDCGP3』を発売

2004年03月10日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は10日、miniSDカード/SDメモリーカード/マルチメディアカード(MMC)用のUSB 2.0対応メモリーカードリーダー/ライターとして“SD/miniSDカード用USB2.0リーダーライター”『BN-SDCGP3』を20日に発売すると発表した。価格はオープン。

『BN-SDCGP3』
『BN-SDCGP3』

『BN-SDCGP3』は、miniSDカードを直接挿入できるメモリーカードリーダー/ライター(SDメモリーカードとの同時利用は行なえない)。インターフェースはUSB 2.0(High Speed)に対応し、読み出しが毎秒7.4MB、書き込みが毎秒5MBとなっており、それぞれ従来製品『BN-SDCEP3』の約8倍、約6倍に高速化されているという。付属する著作権保護機能対応のデバイスドライバーソフトを利用すれば、著作権保護されたデジタル音楽ファイルをSDメモリーカードやminiSDカードに書き込んだり、書き換えたりできるという(音楽ファイルの操作には別売のソフト『SD-Jukebox』が必要)。著作権保護機能はWindows 98/98 SE/Me/2000/XPで利用できる。

本体サイズは幅42.0×奥行き12.5×高さ74.0mm、重量は約25g。電源はUSBバスパワーを利用する。製品には延長ケーブル(長さ約30cm)が付属する。製造は松下電池工業(株)が行なうという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン