このページの本文へ

個性的なデザインのキューブ型ベアボーンPCが一気に3モデル!

2004年02月28日 20時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GK8N」
某有名ゲーム機を思わせるデザインとなっている「GK8N」

 1月にOVERTOPでサンプル展示されていたクイックサンのキューブ型ベアボーンPCが本日から店頭に並んでいる。ラインナップは、オーディオコンポ風のHOMEシリーズ「A856G」と、某有名ゲーム機を思わせるデザインとなっているGAMEシリーズ「GK8N」と「G865G」の3モデル。中でも、特別目を引くのがAthlon64対応の「GK8N」。派手なブルーのカラーリングと格子状の筐体には、側面に大きく“X”の文字が入れられている。



内部 ヒートパープ
マザーボードには、キューブ型ベアボーンでは珍しいGigabyte製(型番「MK8N」)を採用、チップセットは“nForce3 150”を搭載する電源は250WのPFCタイプで、ヒートパープを利用したCPUクーラーの熱を一緒に9cmファンで放熱する仕組み
フロント 各パネル
アクセスポートや6in1カードリーダライタ、ドライブの開閉扉などが装備されているが、デザインが全て統一してあるため普段は見えないようになっている上部、両側面はそれぞれ1枚のパネルになっており、ドライバレスで開けることが可能

 「GK8N」は、チップセットに“nForce3 150”を搭載するAthlon 64に対応した製品で、採用するマザーボードには、キューブ型ベアボーンでは珍しいGigabyte製(型番「MK8N」)を使用している。拡張スロットの構成はAGP/PCI共に1、DDR DIMMは2という構成。当然“nForce3 150”を採用しているためにオンボードのVGA機能は搭載していない。GAMEシリーズと銘打たれAthlon 64に対応するからには、強力なビデオカードを挿して楽しみたいところだ。そのほか、IEEE1394やサウンド、ギガビットイーサなどがオンボードされている。
 本体サイズは190(H)×218(W)×348(D)mmとキューブ型としてはやや大きめの印象。フロントにはアクセスポートや6in1カードリーダライタ、ドライブの開閉扉などが装備されているが、デザインが全て統一してあるため普段は見えないようになっている。また、上部、両側面はそれぞれ1枚のパネルになっており、ドライバレスで開けることが可能だ。電源は250WのPFCタイプで、ヒートパイプを利用したCPUクーラーと一体化されている。なお、製品にはUSB2.0に対応した4ポートのハブが別途付属している。



「G865G」 ポップ
「G865G」は“i865G”を搭載するPentium 4対応のモデルG865Gの販売を確認したのはクレバリー1号店のみだった

 もうひとつのGAMEシリーズ「G865G」は、“i865G”を搭載するPentium 4対応のモデルだ。前述の「GK8N」と同じデザインとサイズの筐体だが、カラーリングは落ち着いた印象のシルバーとなる。搭載できるドライブベイや電源、拡張スロットなどの仕様も同じだが、チップセットが異なるためオンボードのVGAやSerial ATAをサポートするのはいうまでもないだろう。
 また、マザーボードの裏面(本体底の蓋を開けてアクセスできる)にはMini PCIスロットを搭載している。同社サイト及びマニュアルによると、これにより無線LANカードを搭載した際には無線LANが使用可能としているが、それらの製品の単品販売については不明となっている。



「A856G」 カードリーダ
オーディオコンポ風キューブ型ベアボーン「A856G」ディスプレイ部分はフロントのボタンを押すことで前面に倒れ、内部からは7in1カードリーダライタが顔を出す
内部 DVD-ROMドライブ
チップセットはVGA機能を内蔵した“i865G(+ICH5)”標準で16倍速(CD48倍)に対応したDVD-ROMドライブを搭載するのも珍しい

 最後に紹介するのがHOMEシリーズの「A856G」。もちろんその概観通り、PCを起動しなくても音楽再生やAM/FMラジオが聴くことが可能なオーディオコンポ風キューブ型ベアボーンだ。フロントに装備されたダイヤルとボタンに挟まれたディスプレイには、再生中の音楽やAM/FMラジオに連動したレベルメータが表示される。もちろん付属のリモコンにより離れた場所からの操作が可能で、そのリモコンは本体上部に収納しても使用できるようだ。ディスプレイ部分はフロントのボタンを押すことで前面に倒れ、内部からは7in1カードリーダ/ライタが顔を出す仕組み。また標準で16倍速(CD48倍)に対応したDVD-ROMドライブを搭載するのもめずらしい。
 搭載するチップセットはVGA機能を内蔵した“i865G(+ICH5)”でIEEE1394、サウンド、10/100base-TXイーサネットを装備するほか、拡張スロットの構成はAGP/PCI共に1、DDR DIMMは2、さらにこちらもマザーボード裏面にはMini PCIスロットを搭載している。なお、電源は先の2モデルと同じ250Wタイプとなる。価格及び販売店は以下の通り。OVERTOPでは来週の入荷予定となっている。


価格 ショップ
クイックサン
GAMEシリーズ GK8N(nForce3 150)
\価格 ショップ
\32,999 クレバリー1号店
\34,799 ツクモパソコン本店
\34,799 TSUKUMO eX.
\35,800 アーク
クイックサン
GAMEシリーズ G865G(i865G+ICH5)
\32,999 クレバリー1号店
クイックサン
HOMEシリーズ A865G(i865G+ICH5)
\42,999 クレバリー1号店
\46,800 アーク
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ