このページの本文へ

ASUSTeK製“P4P800”シリーズに新製品!

2004年02月27日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
発売された「P4P800-E Deluxe」

 ASUSTeKの基幹モデルともいうべき“i865PE”を搭載した“P4P800”シリーズに新製品が登場した。店頭に並んでいるのは上位モデルの「P4P800-E Deluxe」と下位モデルの「P4P800SE」の2製品。



8チャンネル ブラケット付き
「P4P800-E Deluxe」は新たにRealtek製8チャンネルオーディオチップ“ALC850”を採用以前は付属しなかったUSB/GAMEポートブラケットも付く

 同チップを搭載した既存モデルは「P4P800 Deluxe」と「P4P800」の2製品で、どちらも“i865PE”マザーとしては定番といえる製品だ。今回登場した「P4P800-E Deluxe」と「P4P800SE」の2製品も、基本的な仕様は既存モデルのを受け継いでいる。サウスブリッジには、どちらもSerial ATA RAID機能をサポートする“ICH5R”を採用し、拡張スロットはAGP×1、PCI×5、DIMM×4に加え同社独自の無線LANカードスロット“WiFi slot”を装備するところなどは変更されていない。



「P4P800 Deluxe」 8チャンネル出力
Realtek製8チャンネルオーディオチップ“ALC850”を採用した「P4P800 Deluxe」Gigabyte製と異なりブラケット部は8チャンネル出力にも対応したものとなっている

 変更点についてはどうだろうか。上位モデルの「P4P800-E Deluxe」は、一番の注目点は新たにRealtek製8チャンネルオーディオチップ“ALC850”を採用しているところだろう。同チップを採用したマザーといえば、やはりGigabyteのリニューアルモデルともいうべき“i865PE”搭載の「GA-8IPE1000-G」と“i865G”搭載の「GA-8IG1000 Pro-G」が発売されたのは記憶に新しいところ。もっともこれら2製品には、8チャンネル出力用コネクタが同梱されていないため、標準での8チャンネル出力は不可能な状態だった。これに対し「P4P800-E Deluxe」には、写真のように8チャンネル出力にも対応したものとなっているので、事実上AC'97準拠の8チャネル出力対応サウンドが使用できる初のマザーボードということになる。
 そのほか、ギガビットイーサネットコントローラが3com製“3C940”からMarvel製“88E8001”に変更され、IDE RAIDコントローラVIA製“VT6410”がATA 133+Serial ATA RAIDをサポートするPromise製“PDC20378(RAID 0/1/0+1)”に、IEEE1394ブラケットとUSB/GAMEポートブラケットが新たに付属する。もちろん、「AIシリーズ」と名付けられた豊富な機能も健在だ。



「P4P800SE」 ギガビット
下位モデル「P4P800SE」両モデルともギガビットイーサネットコントローラが3com製“3C940”からMarvel製“88E8001”に変更された

 下位モデル「P4P800SE」の変更点はただひとつ。前述の「P4P800-E Deluxe」同様、ギガビットイーサネットコントローラが3com製“3C940”からMarvel製“88E8001”に変更されたところだ。付け加えるとすれば、こちらもUSB/GAMEポートブラケットが新たに付属する。
 なお、もともと既存モデルの「P4P800 Deluxe」と「P4P800」ともに“Prescott ”コアへの対応は謳っているが、今回の2モデルも当然対応しているのは言うまでもないだろう。どちらの製品も、まだまだ息の長い人気モデルとなりそうだ。


価格 ショップ
ASUSTeK
P4P800-E Deluxe
\15,953 OVERTOP
\16,570 フェイス
\16,580 TWOTOP 秋葉原本店
\16,750 スーパーコムサテライト
\16,799 ツクモパソコン本店
ASUSTeK
P4P800SE
\12,772 OVERTOP
\13,270 フェイス
\13,280 TWOTOP 秋葉原本店
\13,499 ツクモパソコン本店
\13,750 スーパーコムサテライト
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ