このページの本文へ

Gigabyteから“GeForce FX5950 Ultra”のウルトラパフォーマンスエディション!

2004年02月26日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GV-N595U-GT」 カード本体
“GeForce FX5950 Ultra”のコアクロックを520MHzにオーバークロックした「GV-N595U-GT」カード本体は、すでに発売中の「GV-N595U256V」と同じリファレンスに近い2スロット仕様の製品だ
GIGABYTE GT パッケージ
プラスチック製のカバーには“GIGABYTE GT”という文字が入るパッケージには“Ultra Performance 2004 GT Edition”などといった表記を入れるなど、オーバークロックモデルを強調したもの

 Gigabyteから“GeForce FX5950 Ultra”のコアクロックを520MHzにオーバークロックしたというビデオカード「GV-N595U-GT」が発売された。RADEONシリーズでは時折見かけるオーバークロック仕様の製品だが、GeForceシリーズのチップを採用しながら高クロックをうたう製品はめずらしい。

 “GeForce FX5950 Ultra”の本来のコアクロックは475MHz。今回の製品のコアクロックは520MHzということなので、約10%ほど強化されたモデルとなる。ちなみに、メモリクロックは950MHzのままで、こちらは従来の仕様と変わりはない。
 カード本体は、すでに発売中の「GV-N595U256V」と同じリファレンスに近い2スロット仕様の製品だ。ただし、巨大な冷却機構を覆うプラスチック製のカバーには“GIGABYTE GT”という文字が入れられており、従来もモデルと区別されているのがわかる。そのほかパッケージにも“Ultra Performance 2004 GT Edition”などといった表記を入れるなど、オーバークロックモデルを強調したものとなっている。搭載メモリはDDR256MBで、インターフェイスはVGA、DVI、TV-In/Out。通常付属するケーブル類のほかVIVO用のアダプターも同梱されている。価格はフェイスで5万2770円、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で5万4799円、アークとT-ZONE.PC DIY SHOPで5万4800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ