このページの本文へ

Gigabyte製のCPUクーラーに静音モデルが登場!

2004年02月25日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3D Cooler パッケージ
搭載するファンの回転数を固定した静音タイプ「3D Cooler(型番:GH-PCU21-FD)」ヒートシンクのサイズが若干小さくなっているほか、パッケージも少し小さめのものが使われている

 ヒートパイプとブロアーファンを組み合わせたGigabyte製のCPUクーラーに、新モデル「3D Cooler(型番:GH-PCU21-FD)」が登場した。基本的な作りはそのままだが、ファンの回転数が低速に固定され、静音タイプとなっているのが特徴だ。



固定 可変
ファンのスペック比較。左が新発売の「3D Cooler(型番:GH-PCU21-FD)」右が発売中の「3D Cooler-Pro(型番:GH-PCU21-VG)」

 すでに発売中の「3D Cooler-Pro(型番:GH-PCU21-VG)」が採用するファンは、2000~4000rpm(ノイズレベル19.2~37.2dBA)の可変タイプ。今回の「3D Cooler」は新たに回転数を約2500rpm(ノイズレベル23.7dBA)に固定することで静音化を図っているという。また、ヒートシンクのサイズが若干小さくなっているほか、重量も430gから400gと軽くなっている。
 対応するCPUが、Pentium 4やAthlon XP、Athlon 64と幅広く対応する点や、それぞれのCPUに対応した専用の金具が標準で同梱されている点は同じだ。本日入荷を確認したOVERTOPでは価格3680円となり、可変タイプの「3D Cooler-Pro」より1000円ほど安くなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ