このページの本文へ

小倉優子と宮村優子が“Xbox『鉄騎大戦』発売記念ゲームバトル”で対決!

2004年02月17日 21時40分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は16日、26日に発売となる(株)カプコンの家庭用ゲーム機Xbox専用ゲーム『鉄騎大戦』キャンペーンの一環として“Xbox『鉄騎大戦』発売記念ゲームバトル”を開催した。会場には抽選によって選ばれた12名のXboxユーザーのほか、ゲストとしてグラビアアイドルの小倉優子さんと『新世紀エヴァンゲリオン』の声優で人気の宮村優子さんといったダブル優子がエースパイロットとして登場。小倉優子チームと宮村優子チームに分かれて対戦を行なった。

鉄騎大戦プロデューサーの稲葉敦氏
「これまでの鉄騎と違い最大5対5のチームプレイをすることで、全然違う楽しさを味わえる」とアピールする鉄騎大戦プロデューサーの稲葉敦氏

対戦開始前には(株)カプコンの鉄騎大戦プロデューサーの稲葉敦氏が「特徴となっているのがコントローラー。2002年に発売されたものなんですが、今回それがXbox Liveに完全対応になった。今回はオンラインゲームとして進化を遂げ、最大5対5のチームプレイをすることで、全然違う楽しさを味わえる。対話をしながらゲームができるのも醍醐味」と紹介した。

ヤマハの防音ルーム“アビテックス”を鉄騎用にカスタマイズした巨大ボックスを見る2人「すご~い」(小倉)「カラオケボックス?」(宮村)
会場に展示されていた『鉄騎夢想空間』は28日までキャンペーンで1名に当たる。ヤマハの防音ルーム“アビテックス”を鉄騎用にカスタマイズした巨大ボックスで、広さは1.5畳。内装も加工されている。これを見た2人は「すご~い」(小倉)「カラオケボックス?」(宮村)

続いて、迷彩服を着た小倉優子さんと宮村優子さんが登場。それぞれ3名のユーザーのカバーを受けながらコックピットについた。ルールは書くチーム350ポイント与えられ、そのポイントが0になった場合、あるいは陣地を占領された場合に負けとなるというもの。 対戦中は「どうしよ~って感じです、みなさ~ん、お願いします」(小倉)「迷子になっちゃいました。あっ、横のビルが倒れた~」など戸惑っていた2人だったが、ユーザーのカバーを受けながら終盤には操作にも少しなれてきたようだ。結果は、宮村優子チームの優勝となった。

みんな助けてくれるかな(小倉)がんばります(宮村)
抽選で選ばれたユーザーとともに2チームに分かれて対戦する2人
コクピットの小倉コクピットの宮村
対戦中の2人。「ど~しよ~って感じです。あ~っ…」と戸惑い気味の小倉優子さん。一方の宮村優子さんは「脱出してもう一回やり直そうと思ってボタン押したら、また脱出しちゃいました~(笑)」
会場会場

記者会見で今回のゲームを振り返っての感想を聞かれた小倉優子さんは「やっていくうちに面白くなっちゃいました。ボタン操作結構難しいです。機械は全然ダメなんですけど、機械が得意な人は簡単にできるのかなー。優子にはお兄ちゃんと弟がいるので喜んでやってくれそう」とコメント。宮村優子さんは「両手両足を使うので難しいかな~と思ったんですけど、ゲームの世界に入ると楽しくてやりやすかったです」と回答した。

ボフォトセッションでポーズ「9月には母親になることになりました」(宮村)「え~っ」(小倉)
「ボタン操作が結構難しかった」(小倉優子)「両手両足を使うので難しいかな~と思ったけど、やってみると楽しかった」(宮村優子)「9月には母親になることになりました」と発表した宮村優子サンの言葉に小倉優子さんは「びっくりしちゃいました。いいな~」

また、宮村優子さんは「9月に母親になるので、今やってるラジオとCDを出したらお仕事はしばらくお休みします」といきなりの、できちゃった婚宣言。それを聞いた小倉優子さんは「びっくりしちゃいました。いいですね。おめでとうございます」とお祝いの言葉を述べた。宮村優子さんの相手はアクション俳優とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン