このページの本文へ

「Turbolinux 10 Desktop」プリインストールPCが5種類発売!キューブ型も登場!

2004年02月14日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
全部で6機種
注目はAthlon 64を搭載した「LINASIS A64」とキューブ型PCの「LINASIS Q」だろう

 昨年12月に登場した「Turbolinux 10 Desktop」搭載の東京フォレックス・フィナンシャル製PCが、新たにラインナップを増やし、今日からソフマップ1号店 Chicagoの販売を開始した。



「FXF-LINASIS C3」 「FXA-LINASIS A64」 「FXF-LINASIS Q」
軽量・小型でモバイルユーズに最適な「FXF-LINASIS C3」15インチTFTに“Athlon64 DTR-3200+”を搭載する最上位モデルの「FXA-LINASIS A64」唯一のデスクトップモデルとなるキューブ型の「FXF-LINASIS Q」

 追加されたのは5機種で、販売されている(一部納期に1週間かかるモデルもあり)のは登場済みの「FXF-LINASIS C3」(12万8000円)とあわせ計6機種となる。追加された5機種の内訳はノートPCが4種類にキューブ型PCが1種類。
 まずノートPCだが10.4インチTFT液晶と14.1インチTFT液晶とTransmeta“1 GigaPro”を搭載した「FXF-LINASIS」(7万9800円)、同じく14.1インチTFT液晶とMobile Duron-1.2GHzを搭載した「FXF-LINASIS A」(12万8000円)、15インチTFTとAthlon XP-2000+を搭載した「FXF-LINASIS A II」(14万8000円)、そして15インチTFTに“Athlon64 DTR-3200+”を搭載する最上位モデルの「FXA-LINASIS A64」(21万8000円)となる。唯一のデスクトップモデルとなるキューブ型の「FXF-LINASIS Q」(7万9800円)は、Celeron-2.60GHz搭載の製品で、メモリ/512MB、HDD/120GBや光学ドライブを標準で装備する。なお、基本的に標準で搭載されるOSは「Turbolinux 10 Desktop」となるが、Athlon64搭載の「FXA-LINASIS A64」のみ「Turbolinux 8 for AMD64」に変更も可能だ。
 またキャンペーン企画として、購入者先着10名までに限り、株式会社ターボリナックスより「Turbolinux 10 Desktop導入ガイド」がプレゼントされるほか、AMDのCPUを搭載するモデルを購入した人にはAMD株式会社よりAthlon64/Athlon64 FXネックストラップがプレゼントされる。LinuxプリインストールPCに実際に触れらる機会も珍しいので、興味のある人は一度、同店4階の特設コーナーまで足を運んでみるといいだろう。

東京フォレックス・フィナンシャル社 ラインナップ
発売元である東京フォレックス・フィナンシャル社の主要業務は金融商品だ。特に安定したPCが求められる業界といえるだろう

 なおもう一度、発売元である東京フォレックス・フィナンシャル社と発売に至る経緯について説明しておくと、主要業務は名前の通り、外国為替取引や金融ディリバティブ商品の取り扱いなど様々な金融関連業務。東京の渋谷に本社があり大阪に支店があるほか、中国にも海外事務所がある。
 売り場にいた同社担当者に、「Turbolinux 10 Desktop」を搭載したPCを販売することになった経緯を聞いてみたところ、「私達は仕事上、24時間、常に海外の為替取引に対応しているために、万が一にもシステムのダウンはあってはならない。そこで、より簡潔で安定したPCが欲しかった。ないなら作ってしまえ!と特注で生産したのがそもそもの始まりです」とのこと。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ