このページの本文へ

Powerleap製Athlon XP/MP用倍率変更ゲタの販売がスタート!

2004年02月13日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PL-AXP」 ディップスイッチ
「PL-AXP」装着基板中央に設けられた5個のON/OFFディップスイッチ
対応表 パッケージ
付属の対応表に従い5~24倍の間で倍率設定する仕組み製品版はマニュアルも日本語表記だ

 Powerleap製Athlon XP/MP用倍率変更ゲタ「PL-AXP」の販売がスタートした。CPUのソケット変換ゲタの販売ではよく知られる同社の製品だけに、オーバークロッカー注目のアイテムとなりそうだ。

 実際に入荷された製品を見てみると、基板の色が緑から青に変更された以外に、サンプル版との違いはなさそうだ。使い方は、ソケットとCPUの間に挟み、装着基板中央に設けられた5個のディップスイッチで、付属の対応表に従い5~24倍の間で倍率を設定する仕組みとなる。
 対応するCPUが“Barton”や“Thoroughbred-B”コアベースのAthlon XP/MPで“Palomino”や“Thunderbird”、“Thoroughbred-A”コアは非対応となる点や、2003年34週(0334)以前に製造されたAthlon XPを使用する必要がある点も同じだ。なお、サンプル版に添付されていたマニュアルが英語表記だったのに対し、今回の製品版はしっかりと日本語表記となっている。前述したような注意点も記載されているので、使用する前には十分確認してほしい。価格はOVERTOPで2858円、USER'S SIDE本店で2980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ