このページの本文へ

OBC、64bit対応の業務システム“奉行21バージョンVer.II”を発売

2004年02月10日 21時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オービックジビネスコンサルタントは10日、中堅/中小企業向け業務システムの新製品として、64bitプラットフォーム(Itanium 2)に対応した“奉行21バージョンVer.II(ぶぎょうにじゅういちバージョンツー)”を発売すると発表した。計9製品をラインアップし、価格はオープン。予想価格は225万円から351万円まで。3月から順次発売する予定。

パフォーマンスの比較 スケーラビリティーの比較
パフォーマンスの比較スケーラビリティーの比較
“奉行21バージョンVer.II”

“奉行21バージョンVer.II”は、64bitに対応したことで、32bit製品に比べてパフォーマンスが最大200%向上(同社による計測)したとしており、突発的な高負荷、企業成長に伴うデータ容量の増大、同時処理量の増大といった、システム負荷の増大に対応したのが特徴。販売パートナー経由で販売する。

ラインアップは、販売管理システム『商奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、仕入/在庫管理システム『蔵奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、財務会計システム『勘定奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、プロジェクト原価管理財務会計システム『勘定奉行21Ver.II[個別原価管理編] 新ERP BroadBand Edition 64bit』、建設業財務会計システム『建設奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、固定資産管理システム『償却奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、人事管理システム『人事奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、給与計算システム『給与奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』、就業管理システム『就業奉行21Ver.II 新ERP BroadBand Edition 64bit』。

対応OSはWindows Server 2003 64bit Editionで、データベースはSQL Server 2000 Enterprise Edition(64-bit))に対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン