このページの本文へ

ソースネクスト、統合ビジネスソフト『Lotus SuperOffice』を3980円で発売

2004年02月05日 20時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソースネクスト(株)は5日、表計算/ワープロ/プレゼンテーション/住所録&スケジュール管理/データベースの5つのアプリケーションを統合したビジネスソフト『Lotus SuperOffice』を13日に発売すると発表した。価格は3980円。

製品パッケージ
『Lotus SuperOffice』

『Lotus SuperOffice』は、表計算『Lotus 1・2・3』、ワープロ『ワードプロ』、プレゼンテーション『フリーランス』、住所録&スケジュール管理『オーガナイザー』、データベース『アプローチ』の5つのアプリケーションを統合したビジネスソフト。ビジネス文書などのひな型を約460種類収録しており、初心者にも使いやすいように、案内状や報告書などを種類/部署/一覧で探すことができる“ひな型ガイド”が用意されているのが特徴。写真やイラストなどの素材の検索も行なえる。また、Microsoft Office製品のデータやファイルの読み書きなども可能。

『ワードプロ』 『オーガナイザー』
『ワードプロ』『オーガナイザー』
『フリーランス』 『アプローチ』
『フリーランス』『アプローチ』
画面イメージ / (c)2001 IBM Corporation.

対応OSはWindows XP/2000 Professional/NT 4.0(SP3以降)/Me/98 SE/98。2500MB以上の空きHDD領域が必要。

同社では、2003年9月に表計算ソフト『Lotus 1・2・3』を1980円で販売すると発表してから、表計算だけでなく統合ビジネスソフトの低価格化の要望が高まったことから『Lotus SuperOffice』の販売に踏みきったとしている。なお、『Lotus SuperOffice』は、日本アイ・ビー・エム(株)の統合ビジネスソフト『ロータス スーパーオフィス2001(Lotus SuperOffice 2001)』と同等の機能を持つ製品。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン