このページの本文へ

TDKマーケティング、8倍速書き込みに対応したDVD-R『DVD-R47K』を発売

2004年02月03日 20時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ティーディーケイマーケティング(株)は3日、8倍速書き込みに対応した記憶容量が片面4.7GBのDVD-Rメディア『DVD-R47K』を3月10日に発売すると発表した。併せて録画用DVD-Rメディア『DVD-R120K』も発売する。価格はオープン。

『DVD-R47K』
『DVD-R47K』

『DVD-R47K』は、DVD-R for General Ver.2.0/8×-SPEED DVD-R Revision 3.0規格に準拠した“TDKニューDVD-R”として発売される。記録材料に、8倍速記録に対応した高感度色素を採用するとともに、高速記録時に回転が安定する高精度基板を採用したことで、低エラーレートとしたのが特徴。高耐久性、経時安定性にすぐれた記録膜と保護膜により保存にも強くなっているという。パッケージにはキューブ(立方体)をレイアウトしており、同社製のデータ用DVDであることが一目で分かるようになっている。パッケージは、5枚パックの『DVD-R47×5K』、10枚パックの『DVD-R47×10K』もラインアップする。

『DVD-R120K』は、8倍速書き込みに対応し、記録時間が120分の録画用DVD-Rメディア。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン