このページの本文へ

WinDVD Platinum 5

WinDVD Platinum 5

2004年02月03日 00時00分更新

文● 那須 涼介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WinDVD Platinum 5

インタービデオジャパン

Platinum 5:8800円(アップグレード/乗り換え版は5480円)
GOLD 5:4580円(同 3580円)

『GOOD』
  • Centrino環境でバッテリを節約する「Mobile Technology」、DVD-VRのサポート、高画質なデインターレース機能と、究極のDVD再生ソフト。
『BAD』
  • 特段こだわりを持たずに、普通にDVDを見ているだけの人には、積極的にアップグレードをする必要はあまり感じられない。
メインウィンドウの外見が変更
●【メインウィンドウの外見が変更】 ウィンドウ左上のボタンを押すことで、静止画キャプチャやブックマーク機能の利用が可能。なお、Platinum版とGOLD版では6.1ch以上のマルチチャンネルサラウンドなど、主にサウンドまわりの機能で差がある。

 DVD再生ソフトの定番、InterVideo「WinDVD」にメジャーバージョンアップとなるWinDVD5が登場した。

 新バージョンでの目玉はCentrinoに対応した「Mobile Technology」。CPUが持つSpeedStep機能を利用し、DVD再生時にCPUの動作速度を抑え、さらにメインメモリにバッファを持つことでDVDドライブの回転を抑えるなどして、最大20パーセントのバッテリライフを向上するという。また、インターレース映像をPC上で見る場合に行うデインターレース処理も新開発のものを搭載。実際、すだれ状のコーミングノイズの発生領域が、映像の境目の狭い範囲に収まり、かなり自然な映像になった感じだ。

Audio Boosterで音声を設定
●【Audio Boosterで音声を設定】 音声まわりの強化が最近のDVD再生ソフトにおける注目点。イコライザの設定のほか、ナイトモードでは夜間用に低音を抑えることが可能。

 DVD再生ソフトは成熟したジャンルのソフトだが、まだまだ改良の余地があることに驚かされた製品と言える。

WinDVD Platinum 5の主なスペック
対応OS Windows 98 SE/Me/2000/XP
CPU Pentium III-500MHz以上(同-700MHz以上を推奨)
メモリ 128MB以上
ドライブ フェイズ2以降のDVD-ROMドライブ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン