このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【アイドル情報局・インタビュー】じわり人気広がる!白子のり美女・優木まおみ、CDに続き映画にも!

2004年01月25日 20時39分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今、新聞、雑誌、CMとじわじわ露出してきた女の子がいる。同コーナーでも紹介した優木まおみさんだ。先週に引き続き24日、25日も2000人動員ツアーとして秋葉原の石丸電気でライブを行なっている。秋葉原はDVDや写真集などアイドルイベントが毎週のように開催され、インディーズ系のイベントも目白押しだ。しかし、優木まおみさんはちょっと異色かも知れない。アルバム『Real My Heart』をリリースして歌もうたうが、白子のりや(社)全宅連のCMに出演、今後公開予定の映画にも出演が決定しているなど、注目度の速さが目立つ。九州から上京して大学まで通いアシスタント業をこなしたが、「優等生に見られがちなんです」とは彼女の言葉。今後は、周りのイメージを破ってみたいとの抱負も持っている。そんな優木まおみさんが、先日アスキー本社を訪問、インタビューに答えてくれた。



昨年11月リリースしたアルバム『Real My Heart』(ネオプレックス)昨年11月リリースしたアルバム『Real My Heart』(ネオプレックス)
優木まおみさん

――近日、ショートムービーが公開予定になってますね

3月20日から28日に、SKIPCITYで開催される第1回国際デジタルシネマフェスティバルで上映されます。まだ、台本を見てないのでわからないんですが、15分の話が5話構成になっているオムニバス映画です。キャストは4人で、私と杏さゆりさん、そして男の子2人

※ショートムービーは5話から構成されるオムニバス『wish』(仮)。優木まおみさん出演作品は『ホワイトイリュージョン』。国際デジタルシネマフェスティバルは将来有望な女優と監督を使って映画界を支えていく作品を送り出そうというもの。劇場公開も4月以降、WOWOWでの放送も予定されている

――もうすぐですよね

3日間かけて撮影するんですけど、台本を覚えなきゃいけないんですよね(笑)。それより、今はライブのリクエスト曲を覚えるのが大変で(笑)

――『ドラッグストア・ガール』(松竹)も公開ですね

そうですね。撮ってから1年くらいが経ってて、やっと公開かって感じですね。最初の公開予定は9月でしたし

――役柄はレポーターでしたよね。どういうシーンで登場するんですか?



優木まおみさん

田中麗奈さんが教えているラクロスチームがあるんですけど、そのチームはおじさん達ばかりで、はじめて試合をして注目されるんですよ。そこで、私がインタビューに行って「何でラクロスをはじめたんですか?」って質問をするんです。でも「田中麗奈さんのことが好きだから」とか、そういう答えが返ってきたり。しかも、最後は柄本明さん演じる薬局の鍋島って人に「邪魔だっ!」って、つき飛ばされるっていう(笑)

――映画の収録はどうでした?

はじめて映画の収録だったんですけど、すごいチームができていて…。私は1日だけの参加だったんで残念でした。映画のチームに最初から入りたかったですね

――今後出演してみたい映画とか

やっぱり自分っぽくない役がやってみたいです。娼婦の役とか…。池脇千鶴さんが妻夫木さんと『ジョゼと虎と魚たち』に出演されてイメージがすごく変わったみたいだし、そういうイメージが変わるようなヤツに挑戦してみたいですね

――自分とは全く違うっていう役を?

わりと自分が優等生で育ってきたんですよ。勉強もしてきたし、大学まで行って…なんかあまり枠からハミ出さないように生きてきたんです。生徒会長とかやったりして。で、だからそこからハミ出た人を演じてみたいなっていうのはありますね。不良とか(笑)

――周りからも優等生っぽく見られることが多いんですか

多いですねえ

――それは、ヤダと

それも大事だなとは思うんですけど、闇を抱えてる人なんかの生き方をを表現してみたいと思うんです。私、結構、小説書いたり読んだりするのが好きなんですけど、吉本ばななさんの小説がすごい好きで、死がテーマだったりするじゃないですか?周りの人が死んじゃうっていう経験もあまりないですし、感情として実際に出会ったことがないものを表現してみたいですね

――よく観る映画は?

カテゴリーとしては、サスペンスホラーですかね。怖さっていう面では、ゾンビとか幽霊とかじゃなくて、殺人のほう



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ