このページの本文へ

日立、次世代64ビットプロセッサIPF対応OS上で動作する統合システム運用管理『JP1 Version 7i』

2004年01月22日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所の情報・通信グループは20日、次世代64ビットプロセッサIPF(Itaniumプロセッサー・ファミリー)対応OS上で動作する統合システム運用管理『JP1 Version 7i』を同日から販売開始すると発表した。同製品はHP-UX 11i v2.0、64ビットバージョンWindows Server 2003、Red Hat Enterprise Linux 3の各OS上で動作し、これらのOSを搭載した高性能なシステム環境で統合システム運用管理が可能となる。統合管理、ジョブ管理、アベイラビリティ管理、資産・配布管理、ネットワーク管理などの製品群を3月末から順次出荷し、セキュリティ管理などその他の製品群についても12月までに順次出荷する予定。以下はRed Hat Enterprise Linux 3対応版。

統合管理

製品名 概要 標準価格 出荷時期
JP1/Base 統合管理の基盤となる製品 5万円 2004年9月予定

ジョブ管理

製品名 概要 標準価格 出荷時期
JP1/Automatic Job Management System 2ーAgent サーバ上のジョブ実行状態などを監視する製品 36万円~ 2004年9月予定
JP1/Automatic Job Management System 2 - Manager システム内のジョブの実行を管理する製品 48万円~ 2004年9月予定

アベイラビリティ管理

製品名 概要 標準価格 出荷時期
JP1/Performance Management/SNMP System Observer - Agent for Processサーバ上で動作するプロセスをビジュアルに一元管理する製品 3万円 2004年9月予定

資産・配布管理

製品名 概要 標準価格 出荷時期
JP1/NETM/DM Sub Manager 資産・配布管理のための中継マネージャ製品 57,000円 2004年9月予定
JP1/NETM/DM Client 資産・配布管理のクライアント製品 22,500円 2004年9月予定

ネットワーク管理

製品名 概要 標準価格 出荷時期
JP1/Cm2/Extensible SNMP Agent TCP/IPを管理するためのSNMPエージェント 5万円 2004年9月予定
JP1/Cm2/Operations Assist Agent ネットワーク管理の複数システムへのコマンド導入とメッセージの一元管理を行う製品 3万円 2004年9月予定
* Red Hat Enterprise Linux 3では、32ビット版も64ビット版同様にサポート予定。JP1/Security Integrated ManagerおよびJP1/Security Integrated Manager - Runtime Libraryは、情報処理振興事業協会(IPA)が推進する「創造的ソフトウェア育成事業」の一環として技術開発された内容を含。

カテゴリートップへ

ピックアップ