このページの本文へ

Celestica製ビデオカードを採用した“RADEON 9600 XT”カードが玄人志向から登場!

2004年01月22日 23時37分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RD96XT-A128GOLD」
玄人志向から発売されたCELESTICA製“RADEON 9600 XT”カード「RD96XT-A128GOLD」

 国内ではあまり聞きなれないCelesticaというメーカー製の“RADEON 9600 XT”“RADEON 9600 SE”搭載カードが玄人志向から発売された。玄人志向からはすでに“RADEON 9600 XT”を搭載した製品が3モデル発売されており、今回登場した「RD96XT-A128GOLD」で4製品目となる。



“GOLD” パッケージ
型番には“GOLD”の文字が入り、明確に区別される玄人志向のパッケージを開けると、中からさらに「CELESTICA」のパッケージが出てくる
CERTIFIED BY ATI BGAタイプのSAMSUNG製
ATI純正品と同等の証?!パッケージ右下には「CERTIFIED BY ATI」という見なれないロゴが確認できるメモリはBGAタイプのSAMSUNG製“K4D263238E-GC2A(最大700MHz駆動)”を採用
ポップ RD96SE-A128GOLD
販売店のポップもCELESTICA製を強調したものに同時に発売されている“RADEON 9600 SE”搭載の「RD96SE-A128GOLD」も、中身はもちろんCELESTICA製

 今までに発売された「RD96XT-A128C」や「RD96XT-A128CL」(「RD96XT-A256CL」はメモリ256MB版)と異なり、型番には“GOLD”の文字が入り、従来製品とは明確に区別されている。パッケージもこれまでの玄人志向製品とは異なっており、パッケージを開けると、中からさらにCelesticaのパッケージが出てくるというもの。
 玄人志向によると「Celesticaというメーカーは、ATIから正式にCERTIFIED(=証明もしくは保証)を受けた数少ないメーカーのひとつで、同社の製品はATI純正品と同等となるようだ」とのこと。
 カード本体は、これといった特徴のないATIロゴ入りファンを装備したシンプルなものだが、搭載するDDR 128MBメモリはBGAタイプのSAMSUNG製“K4D263238E-GC2A(最大700MHz駆動)”となっている。しかしながら、同社では「2月以降製造分についてはTSOPタイプに変更される予定」ということなので、購入するなら早いほうがよいだろう。付属のドライバCDもCelesticaの文字が入ったもので、ほかに「Half-Life 2」のフリーダウンロードチケットが付いている。価格はクレバリー1号店で1万8979円、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で1万9799円となっており、先行して発売されている同社の“RADEON 9600 XT”搭載カードより、約3000円ほど高くなっている。
 また同時に発売されている“RADEON 9600 SE”搭載の「RD96SE-A128GOLD」も、中身はもちろんCelestica製。こちらを販売しているのは、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で1万2799円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ