このページの本文へ

日立グローバルストレージテクノロジーズ製容量2GBのマイクロドライブがバッファローから登場

2004年01月22日 21時55分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RMD-2G」
「RMD-2G」。日立グローバルストレージテクノロジーズ製ドライブを採用し“マイクロドライブ”を名乗る製品だ
2GB
容量は4GBと2GBの2種類

 バッファローから、容量2GBのマイクロドライブ「RMD-2G」が発売された。日立グローバルストレージテクノロジーズ製ドライブ“Microdrive 3K4”を採用したもの。“Microdrive 3K4”は昨年8月に発表されており、5カ月を経てようやく販売が開始されることとなった。

 今回登場した容量2GBの「RMD-2G」のほか、4GBの「RMD-4G」もラインナップにはあるが、こちらは未登場。インターフェイスはCompactFlash TypeII、回転数3600rpm、平均シークタイム12ms、バッファ容量128KB。2003年12月19日時点でのデジタルカメラ、PDAなどの対応機種は日立グローバルストレージテクノロジーズのウェブサイトに掲載されている。なお、今回の2GBモデルはこれまでのコンパクトフラッシュと同様FAT16でフォーマットされているものの、4GBはFAT32フォーマットとなる。そのためFAT16にしか対応していない機器では2GBモデルが使用できる最大容量となってしまう点は注意。
 価格はぷらっとホームで3万6500円、コンパクトフラッシュで同容量ならば5万円台~6万円台になってしまうのに比べ、コストパフォーマンスは非常に高いといえよう。なお、アイ・オー・データ機器も同じドライブを採用した製品の販売を予定している。
 ちなみに大容量のコンパクトフラッシュ型HDDとしては、“マイクロドライブ”を名乗る製品ではないものの、昨年8月にMagicstor製品(2.2GB)が発売されている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ