このページの本文へ

GA-7NNXP(nForce2 Ultra400)

GA-7NNXP(nForce2 Ultra400)

2004年01月20日 22時02分更新

文● 沢渡 円

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GA-7NNXP(nForce2 Ultra400)

Gigabyte/日本ギガバイト

2万5000円前後(実売価格)

Gigabyte「GA-7NNXP」6つのDualが特徴のゴージャスなnForce2マザー。特にRAID機能はUltraATA/133とシリアルATA両方のチップを搭載して実現している。

ビックリするほど豪華なAthlonマザー

下位モデルの「GA-7N400 Pro」
下位モデルの「GA-7N400 Pro」。電源の二重化と、GbE機能が省かれた程度なのに1万円近く安くて、お買い得。

 もう1つの製品はNvidia「nForce2 Ultra400」を搭載するGigabyte「GA-7NNXP」。今やAthlonマザーで最大勢力となっているnForce2だが、GigabyteはATI製チップを採用したビデオカード製品を販売していることもあってか、これまでnForceマザーはリリースしてこなかった。その意味で待望の製品といえる。

 nForce2というと、その多機能さがよく知られているが、GA-7NNXPもまさにこの傾向を受け継いだ製品だ。DualDDR400のようなチップセット側の機能に加え、電源を二重にして安定化を図る「Dual Power System」(DPS)、電源部とチップセットに付けられたファンによる「Dual Cooling」、BIOSを二重化した「Dual BIOS」、UltraATA/133/シリアルATA対応の「Dual RAID」、2系統のEthernet機能(1つはGbE対応)を持つ「Dual LAN」と6つの“Dual”を売りとする重厚ぶり。また、South Bridgeに高機能版の「MCP-T」を採用しているので、ドルビーデジタルエンコード対応の5.1chサウンド、IEE1394も付いてくるし、オーバークロック関連にも抜かりがないとなると、もはや言葉がない。



新型「nForce2 SPP」 Intel製1000BASE-Tコントローラチップ
新たにFSB 400MHzを公式サポートしたnForce2 Ultra400のNorth Bridge。特にチップ名の変更などはなく「nForce2 SPP」のまま。GA-7NNXPには、写真のIntel製コントローラを搭載し、1000BASE-Tに対応。チップセット内蔵のものと合わせ、2系統のEthernet機能を持つ。

 その分、価格は2万5000円前後からと高めとなるが、下位モデルとしてDPSとGbEのEthernet機能のみが省かれた「GA-7N400 Pro」もあり、こちらは実売1万6000円前後。搭載されている機能の数を考えれば、こちらのほうがお買い得だろう。

非常に強力なnForce2の性能

 さて、ベンチマークの結果だが、やはりnForce2の強力さが目立った。メーカーが異なるので、必ずしもチップセットの性能だけとは限らないが、想像以上のスコア差に驚かされる。ただ、シングルのDDRとDualDDR利用時には、実アプリ的にはさほど大きな差は出ていない。FSB 400MHzで動くAthlon XPのシステムバス帯域はDDR400で事足りていることを考えれば、内蔵ビデオ機能を利用しない限り、この程度のものだろう。

ベンチマークテストの結果

グラフ1 Sandra MAX3! Memory Bandwidth
グラフ1 Sandra MAX3! Memory Bandwidth
グラフ2 3DMark 2001SE
グラフ2 3DMark 2001SE
グラフ3 動画圧縮
グラフ3 動画圧縮


テスト環境

CPU:Athlon XP-2600+(Thoroughbred、2.08GHz@166×12.5)、Athlon XP-3000+(Barton、2.1GHz@200×10.5)
メモリ:512MB(PC2700、PC3200とも)
ビデオカード:RADEON 9700 PRO
OS:Windows XP Professional+SP1

 若干気になったのは、GA-7NNXPにおいて、編集部で用意したDDR400メモリではいずれも、DualDDR400環境でイマイチ安定しなかった点。とはいえ、この機能と速度は非常に魅力的なので、Athlon XPをベースにした究極の自作PCを作りたいという人にお勧めである。

GA-7NNXPの主なスペック
製品名 GA-7NNXP
North Bridge/South Bridge nForce2 SPP/nForce2 MCP-T
メモリソケット DDR DIMM×3(最大3GB)
拡張スロット AGP×1、PCI×5
FSBクロック 100~300MHz(1MHz刻み、BIOS)
メモリクロック メモリ/FSB=50、60、66、75、80、83、100、120、125、133、150、166、200%
CPUコア電圧 1.100~1.850(0.025V刻み、BIOS)
DIMM電圧 デフォルト+0.1、0.2V(BIOS)
ボードサイズ 305(H)×243(W)mm(実測値)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中