このページの本文へ

やっぱり安い!Gigabyte製“PT880”搭載マザーが2製品同時に発売

2004年01月08日 22時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GA-8VT880 Ultra」
上位モデルの「GA-8VT880 Ultra」

 デュアルチャネルDDR400やFSB 800MHzなど、最新のPentium 4プラットフォームに対応しながらも価格が安いのが特徴の“PT880”搭載マザーに新製品が加わった。どちらもGigabyteの製品で、オンボードインターフェイスを豊富に装備する「GA-8VT880 Ultra」と標準的な仕様の「GA-8VT880-L」の2モデルだ。



サウス周り ゴールドのヒートシンク
ギガビットイーサネットやIEEE1394、ATA 133 RAID、サウンド機能と豊富に搭載しSerial ATA RAID機能もサポート“Prescott”対応を示す黄色いリテンションの近くにはGigabyteの文字をかたどったゴールドのヒートシンク
マニュアルは日本語 パッケージ
両モデル共通のマニュアルは完全日本語版だ「GA-8VT880-L」(右)は「GA-8VT880 Ultra」のイーサネットを10/100Base-TにしてATA 133 RAIDを省略したモデル

 「GA-8VT880 Ultra」はオンボードインターフェイスにRealtek製“RTL8110S”チップによるギガビットイーサネットやIEEE1394、“GIGA RAID”チップによるATA 133 RAID、サウンド機能と豊富に搭載した同社の“PT880”搭載マザー最上位モデルだ。もちろんSouth Bridgeは“VT8237”で、Serial ATA RAID機能もサポートしている。拡張スロットの構成はAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×4となっているほか、“Prescott”対応を示す黄色いリテンションの近くにはGigabyteの文字をかたどったゴールドのヒートシンクが取りつけられている。
 価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで1万1800円、フェイスで1万1970円、OVERTOPで1万2000円とやはり安価。ちなみに、すでに発売された似たような仕様のMSI「PT880 Neo-FISR」もほぼ同価格で販売されている。
 同時に発売された「GA-8VT880-L」は、「GA-8VT880 Ultra」のイーサネットを10/100Base-TXにしてATA 133 RAIDを省略したモデルだ。拡張スロットの構成などに変更点はないが、Gigabyteの文字をかたどったゴールドのヒートシンクが一般的なシルバーのヒートシンクとなっている。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで8800円、フェイスで8970円、OVERTOPで9200円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ