このページの本文へ

6層基板にデュアルLAN!ECSからAthlon 64マザーが登場!

2003年12月26日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「KV1 Deluxe」 ブラケット部
“Photon”シリーズから、初のAthlon 64対応マザーボード「KV1 Deluxe」イーサネット機能は10/100Base-TとギガビットのデュアルLAN仕様となっているほか、6チャンネルサウンドに対応した2つのS/PDIF出力(光/同軸)を装備
「AGP A.I.」 ポップ
挿したビデオカードが4xなのか8xなのか、また仕様通りに動作しているのかを2つのLEDが知らせてくれるの「AGP A.I.」機能入荷したフェイスのポップでは6層基板をうたっている

 ECSの上位ブランドとも言うべき“Photon”から、初のAthlon 64対応マザーボード「KV1 Deluxe」が発売された。チップセットに“K8T800(+VT8237)”を搭載、ショップによると6層基板の製品で、イーサネット機能は10/100Base-TとギガビットのデュアルLAN仕様となっているのが大きな特徴だ。

 外観は、すっきりとした紫色の6層基板に“Photon”と文字の入ったシルバーのプレートが取りつけられているなど、先日発売されたSocket A対応の「AF1(KT600+VT8237)」と似た印象だ。拡張スロットはAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×3という構成で、1本だけ用意されている黄色のPCIスロット“PCI Extreme(付近に設置されたコンデンサにより、電流供給が安定化されている)”を装備する点も「AF1」と同じだ。
 冒頭でも触れたオンボードインターフェイスは、Athlon 64対応マザーボードでは初となる10/100Base-TとギガビットのデュアルLAN、さらにSerial ATA RAID機能には、サウスブリッジ“VT8237”による2ポートのほかVIA製チップ“VT6420”による2ポートの計4ポートを搭載。ほかにもIEEE1394や6チャンネルサウンドに対応した2つのS/PDIF出力(光/同軸)を装備するなど、“Deluxe”と呼ぶにふさわしい仕上がりとなっている。価格はアークで1万5780円、フェイスで1万5970円となっているほか、ドスパラ秋葉原2号店 Prime館にも入荷予定となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ