このページの本文へ

アッカ、“40Mbpsサービス”の下り最大速度高速化の技術情報を公表

2003年12月18日 21時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アッカ・ネットワークスは18日、2004年1月下旬に提供を開始する予定の“40Mbpsサービス”の下り最大速度の高速化に関連した開発をほぼ終了したと発表した。これに伴い“理想的環境下における推定下りADSLリンク速度”を始めとする関連技術情報を公表した。

クアッドスペクトルダブルスペクトルとクアッドスペクトルの比較イメージ図

下り最大速度の高速化技術には、下りの使用周波数帯域を3.75MHzに拡張する“クアッドスペクトル”を採用し、フレーム処理技術をS=1/4からS=1/6にする(エラー訂正するためのデータとエラー訂正用ビットを組み合わせたフレームの数を4から6に増やす)ことで最大40Mbpsに対応する。クアッドスペクトルの理論上の最大速度は51.7Mbpsだが、アマチュア無線の3.5MHz帯との干渉を避けるために、2.0GHz付近(アマチュア無線の1.9MHz帯)と同様の干渉対策を施すため、理論上の最大速度は45.4Mbpsとなるという。クアッドスペクトルの適用範囲は、速度向上が見込める伝送損失が15dB未満(NTT収容局からの線路距離が約1.4km未満)の回線となる(15dB以上では従来のダブルスペクトルを使用する。

推定下りADSLリンク速度
理想的環境下における推定下りADSLリンク速度

上り最大速度の高速化技術では、上りの周波数帯域(26k~138kHz)の上限を2倍の276kHzまで拡張し、“オーバーラップ”“エコーキャンセラ”技術を利用することで、下り周波数帯域と重ね合わせながら、下り速度の減速を回避する。また“上り使用周波数帯域拡張に伴う干渉問題”については、現在、事業者間で協議中であり、協議終了後に、準備が整い次第、上り最大3Mbpsサービスの提供を開始するとしている。

上りADSLリンク速度
上りADSLリンク速度のイメージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン