このページの本文へ

人気モデルの予感!? Gigabyteから“GeForce FX 5700/Ultra”搭載製品が2モデル!

2003年12月17日 23時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GV-N57U128D」
“GeForce FX 5700 Ultra”を搭載した「GV-N57U128D」。なかなか派手な外観だ

 Gigabyteから“GeForce FX 5700/5700 Ultra”を搭載した製品が2モデル同時に発売された。同チップを搭載した製品としては他社メーカーに遅れをとったものの、価格が安いのがうれしいところだ。



カード裏面 ゲーム
カード裏面にもヒートシンクを装備「Will Rock」、「Tomb Raider」、「Raven shield」などのゲームも

 “GeForce FX 5700 Ultra”を搭載した「GV-N57U128D」は、カード中央に載ったゴールドの冷却ファンがなんとも派手な製品。カード裏面にもヒートシンクを装備し、搭載するメモリはもちろんDDR2タイプの128MBとなる。コア/メモリクロックは非公開だが、nVIDIAの仕様通りであるならば475MHz/900MHzとなる。インターフェイスはVGA、DVI、TV-Outという構成となるほか、付属品にはケーブル類のほか「Will Rock」、「Tomb Raider」、「Raven shield」などのゲームもついている。
 “GeForce FX 5700 Ultra”を採用したビデオカードとしては今更特筆すべき点はないものの、今回入荷を確認したアークとT-ZONE.PC DIY SHOPでは共に2万2800円で販売されている。これは、すでに販売されている主要メーカーの“GeForce FX 5700 Ultra”カードの実売価格が、2万3000円後半から2万4000円後半ということを考えると安いといえる。もともと人気のGPUだけに「GV-N57U128D」が、人気の製品となる可能性は高い。



「GV-N57128D」 裏側
“GeForce FX 5700”搭載の「GV-N57128D」搭載メモリはSAMSUNG製3.6nsとなる

 一方、同時に発売されたのが“GeForce FX 5700”搭載の「GV-N57128D」。もちろん搭載GPUが異なるために、前述の「GV-N57U128D」と比べ冷却ファンは小型化され、カード裏面にもヒートシンクは装着していない。コア/メモリクロックは非公開だが、nVIDIAの仕様通りであるならば425MHz/850MHzとなる。基板からは電源コネクタも排除され、搭載メモリがDDR128MBとなるなど、従来の他社製“GeForce FX 5700”搭載製品と変化はない。インターフェイスはVGA、DVI、TV-Out。付属ソフトは、上位モデルの「GV-N57U128D」と同じだ。価格はアークとT-ZONE.PC DIY SHOPで1万8900円、DOS/V パラダイス本店で1万9480円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ