このページの本文へ

Athlon 64-3000+リテールパッケージ版の販売が突如開始!!

2003年12月13日 19時26分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Athlon 64-3000+」
突如販売がスタートした「Athlon 64-3000+」のリテールパッケージ。国内正規流通品のようだが、正式発表前の登場ということになる

 来週中にも発表されるのでは?と噂されていた「Athlon 64-3000+」のリテールパッケージ版の販売が突如秋葉原でスタートした。販売しているのはアークで、価格は2万8800円。国内正規流通品のようだが、正式発表前での登場ということになる。



“ADA3000AEP4AP” モデルナンバー
「Athlon 64-3000+」のOPNを確認してみると“ADA3000AEP4AP”L2キャッシュ容量を表すと思われる“512KB CACHE”という文字や動作クロックと思われる“2000MHZ”という文字も確認できる
本体 CPUクーラー
「Athlon 64-3000+」本体。動作クロックは2GHzで、L2キャッシュ容量は512KBとなったモデルといえそうだ付属のCPUクーラーは「Athlon 64-3200+」と同じに見える

 「Athlon 64-3000+」は正式発表前ということもあり詳細は不明だが、パッケージ左上の“3000+”というモデルナンバー横にはL2キャッシュ容量を表すと思われる“512KB CACHE”という文字や動作クロックと思われる“2000MHZ”という文字も確認できる。どうやら「Athlon 64-3000+」は、先に発売された「Athlon 64-3200+」と動作クロックは同じ2GHzで、L2キャッシュ容量を1Mから512KBに減らしたモデルといえそうだ。
 実際に販売されている「Athlon 64-3000+」のOPNを確認してみると“ADA3000AEP4AP”となっている。すでに販売中の「Athlon 64-3200+」のOPNは“ADA3200AEP5AP”なので、唯一の違いは右から3番目の数字だ。AMDによる「Athlon 64-3200+」の資料によると、右から3番目の数字はL2キャッシュ容量を表すとしている。よって「Athlon 64-3200+」の“5”は1Mということになるのだが、「Athlon 64-3000+」の“4”に関しては、おそらく512KBということになると思われる。ただし、当然ながら発表前のこの段階では、「Athlon 64-3000+」のOPNに関する記載は見当たらない。



価格表
新たに手頃な2万円代のモデルが選択できるというのは、ユーザーにとってはうれしいところ

 さらに同CPUのもうひとつの特徴は、その販売価格の安さだ。今回販売しているアークでは2万8800円(在庫は20時現在、あと5個)と3万円を切る価格でデビューを飾っているほか、すでに予約受付を開始しているZOA秋葉原本店では予価2万7800円となっている。ラインナップが豊富に揃いつつあるマザーボードに対して、対応CPUが高価な「Athlon 64-3200+」のみという状況から、新たに手頃な2万円代のモデルが選択できるというのは、ユーザーにとってはうれしいところだろう。
 現在、秋葉原では「Athlon 64-3000+」の正式発売を控え「Athlon 64-3200+」の価格も急落していおり、今後年末に向けて一気にAthlon 64ユーザーが増えるかもしれない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ