このページの本文へ

MSI製GeForce FXシリーズ一気に3モデル!1スロット仕様の“GeForce FX5950 Ultra”も!!

2003年12月11日 23時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3製品
MSIから“GeForce FX5950 Ultra”を筆頭に“GeForce FX5700 Ultra”、“GeForce FX5700”を搭載した3製品が同時に登場

 現行GeForce FXシリーズの発売では出遅れていたMSIから、本日“GeForce FX5950 Ultra”を筆頭に“GeForce FX5700 Ultra”、“GeForce FX5700”を搭載した3製品が同時に登場した。中でもMSI独自のデザインを施した“GeForce FX5950 Ultra”搭載カード「FX5950 Ultra-VTD256」は特徴的な作りとなっている。



「FX5950 Ultra-VTD256」 「TWIN FLOW」
基板両面の扇のような形状のヒートシンクとファンが特徴の「FX5950 Ultra-VTD256」ブラケット越しに裏面を見る。この冷却機構は同社が「TWIN FLOW」と呼ぶ冷却システムだ
厚み 中身
1スロットタイプであるとともに、平均ノイズレベルが26dBという静音性もウリのひとつだゲームソフト、ビデオ編集/エンコードソフトをはじめ多数のソフトが付属するのも従来の同社製品と変わりはない

 「FX5950 Ultra-VTD256」は、旧シリーズとなる“GeForce FX 5900”を搭載したビデオカード「FX5900-TD128」と酷似した外観の製品で、基板両面の扇のような形状のヒートシンクとファンが特徴だ。同社が「TWIN FLOW」冷却システムと呼ぶこの冷却機構は、直下のPCIスロットに干渉しない、いわゆる1スロットタイプであるとともに、平均ノイズレベルが26dB(同社サイトより)という静音性もウリのひとつだ。
 主な仕様はコアクロック475MHz、メモリクロック950MHzで搭載メモリはDDR256MB。インターフェイスはVGA、DVI、TV-In/Outという構成で、ケーブル類やゲームソフト、ビデオ編集/エンコードソフトをはじめ多数のソフトが付属するのも従来の同社製品と変わりはない。最新の“GeForce FX5950 Ultra”に関して言えば、各社とも旧モデルで問題となった騒音に考慮したデザインが多く、特徴的な製品が多い。諸所の事情もあるだろうが、オリジナルデザインを採用することの少ないRADEONシリーズに比べ、ユニークであることは確かだ。なお、価格及び販売店は最後にまとめて掲載する。



「FX5700 Ultra-TD128」 裏
“GeForce FX5700 Ultra”を搭載した「FX5700 Ultra-TD128」。カード両面に搭載するBGAタイプのメモリには、両面ともにヒートシンクが装着されており、相変わらずDDR2タイプのメモリの発熱の高さを窺わせる

 次に紹介するのは“GeForce FX5700 Ultra”を搭載した「FX5700 Ultra-TD128」だ。パッケージにはコアクロックは475MHz、メモリクロックは900MHzなどといった表記と共に、DDR2-128MBという記述も確認できる(ちなみに、パッケージ記載の平均ノイズレベルは28dB以下となっている)。カード両面に搭載するBGAタイプのメモリには、両面ともにヒートシンクが装着されており、相変わらずDDR2タイプのメモリの発熱の高さをうかがわせる。しかしながら、同チップを採用したメジャーメーカで現在流通している製品といえば、ほかにAOpen程度(Leadtek製品は、ほぼ流通していない)という状況だ。価格とパフォーマンスのバランスという意味では人気のGPUだけに、今回の「FX5700 Ultra-TD128」は人気となるかもしれない。



「FX5700-TD128」 カード裏
“GeForce FX5700”を搭載した「FX5700-TD128」カードの長さも短くなり、搭載するDDR128MBメモリもむき出しとなるなど、前述の2製品と比べるとさすがにローエンドモデルという印象を受ける

 最後は“GeForce FX5700”を搭載した「FX5700-TD128」。カードの長さも短くなり、搭載するDDR128MBメモリもむき出しとなるなど、前述の2製品と比べるとさすがにローエンドモデルという印象を受ける。仕様のほうはコアクロックが425MHz、メモリクロックが550MHzとなり、インターフェイスはVGA、DVI、TV-out。メモリはSAMSUNG製3.6nsを採用しているのが確認できた。販売店によっては、ひとつ上の“GeForce FX5700 Ultra”を搭載したモデルと2000円ほどしか変わらないところもあるので、購入を検討しているユーザーにとっては悩むところだろう。


価格 ショップ
MSI
「FX5950 Ultra-VTD256」
\57,999 クレバリー1号店
\58,499 ツクモパソコン本店
\59,800 高速電脳
\59,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
MSI
「FX5700 Ultra-TD128」
\23,999 クレバリー1号店
\24,499 ツクモパソコン本店
\24,499 TSUKUMOeX.
\24,800 高速電脳
\24,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
MSI
「FX5700-TD128」
\20,499 ツクモパソコン本店
\20,499 TSUKUMOeX.
\21,800 高速電脳
\21,999 クレバリー1号店
\22,480 T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ