このページの本文へ

オリンパス、デジタル一眼レフ“E-システム”用の超広角ズーム『ズイコーデジタル11-22mm F2.8-3.5』を発売――マクロ用フラッシュシステムも

2003年12月11日 17時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパス(株)は11日、“フォーサーズシステム(Four Thirds System)規格”を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラシステム“オリンパスE-システム”用の交換レンズ『ズイコーデジタル(ZUIKO DIGITAL)11-22mm(22-44mm) F2.8-3.5』を2004年2月下旬に発売すると発表した。価格は10万6000円。同時にマクロ撮影用フラッシュ『リングフラッシュ RF-11』と『ツインフラッシュ TF-22』を発売する。価格はRF-11が3万5000円、TF-22が5万6000円。

『ズイコーデジタル11-22mm F2.8-3.5』
『ズイコーデジタル11-22mm F2.8-3.5』

『ズイコーデジタル11-22mm F2.8-3.5』は、35mmカメラ換算で22mmの超広角から44mmまでに対応した広角ズームレンズ。入射光がほぼまっすぐ撮像素子に差し込むように、フォーサーズシステム規格の撮像素子に最適化した設計がなされており、画面の中心部から周辺部まで安定した描写性能を持つのが特徴。焦点距離が11mm(ワイド)時でF2.8と明るくなっている。レンズ構成は、ガラス非球面レンズ2枚を含む10群12枚で、焦点距離は11~22mm(35mmカメラ換算で22~44mm相当)。広範囲の波長域で反射を抑えられる新開発のマルチコートが施されているという。開放絞り値はF2.8~F3.5(最小F22)。絞り羽根は7枚。画角は53~89度。フローティング機構を採用したフォーカス方式を採用しており、最短撮影距離は28cm。最大撮影倍率は0.13。本体サイズは直径75×長さ92.5mm。重量は485g。外装にシーリングを施すことで防滴性と防塵性を高めたという。フィルター径は72mm。レンズフード(LH-75)とレンズキャップ(LC-72)、レンズケース(LSC-0918)が付属する。同製品にはテレコンバーター『EC-14』の使用が可能だが、エクステンションチューブ『EX-25』には対応していないという。

『リングフラッシュ RF-11』 『ツインフラッシュ TF-22』
『リングフラッシュ RF-11』『ツインフラッシュ TF-22』

『リングフラッシュ RF-11』と『ツインフラッシュ TF-22』は、“オリンパス E-システム”用のマクロ撮影用フラッシュ。マクロフラッシュコントローラー『マクロフラッシュコントローラー FC-1』と組み合わせることで、マクロ撮影が行なえるのが特徴。

『リングフラッシュ RF-11』は、ズーム全域で最短撮影距離が22cmの『ズイコーデジタル 14-54mmF2.8-3.5』や、最大撮影倍率が0.5倍(35mmカメラの等倍相当)の『ズイコーデジタルED50mmF2.0 Macro』などのレンズと組み合わせて利用できる。マクロレンズには『フラッシュアダプタリング FR-1』で取り付けられ、ズームレンズにはフード取り付けバヨネットで取り付けることができる。ガイドナンバーはGN11(ISO100)で、発光モードはTTLオート/マニュアルに対応。照射角度は上下/左右85度。本体サイズは幅120×奥行き24×高さ135mm、重量は145g。コード長は約190mm。

『ツインフラッシュ TF-22』は、2つの発光部を切り替えて発光できるほか、2灯発光時には左右の光量比率を1/3段刻みで設定できる。2灯の位置と角度は付属のシューリング(SR-1)で変化できるようになっている。マクロレンズにはFR-1で取り付けられ、望遠ズームレンズ『ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5』にはフィルターねじで取り付けることができる。ガイドナンバー(ISO100)は、1灯でGN16、2灯でGN22。TTLオートではGN0.7~16を1/8段刻みで制御でき、マニュアルではGN0.7~16を1/3段刻みで設定できる。照射角度は上下50度/左右55度(1灯)。本体サイズは幅73×奥行き39×高さ50mm、重量は105g。SR-1のサイズは幅146.5×奥行き22.5×高さ100mm、重量は95g。コード長は約190mm。

併せて『マクロフラッシュコントローラー FC-1』をセットにした『リングフラッシュセット SRF-11』と『ツインフラッシュセット STF-22』も発売する。セットにはセットを収納するケースが付属する。価格は、SFR-11が7万4000円、TF-22が9万5000円。『フラッシュアダプタリング FR-1』の価格は1万2500円。

同社では、併せて、デジタル一眼レフカメラ『E-1』が、8日に(社)産業環境管理協会の“エコリーフ環境ラベル”の認定を受けたことも発表した。製品の定量的な環境情報をウェブサイトで公開したとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン