このページの本文へ

高クロック版“RADEON 9600 XT”カードが登場!

2003年12月04日 21時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“FIREBLADE”
燃える剣のイラストとともに“FIREBLADE”と記載

 Sapphireからコア、メモリクロックを上げたという“RADEON 9600 XT”搭載ビデオカード「ATLANTIS RADEON 9600XT FIREBLADE」が登場した。販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は1万9800円。もちろん「Half-Life 2」のフリーダウンロードチケットも付いている。



パッケージ カード
パッケージは通常の128MB版とほとんど変わらないので注意カード自体は先に発売されたVRAM128MB版(バルク版も発売されている)の「ATLANTIS RADEON 9600XT」とほとんど同じに見える

 同社の“RADEON 9600 XT”搭載ビデオカードは、すでにVRAM256MB版や128MB版が発売されており、今回の「ATLANTIS RADEON 9600XT FIREBLADE」はそれに続く3製品目となる。パッケージに貼られたシールには燃える剣のイラストとともに“FIREBLADE”と記載され、「532MHz Core Speed Ready」、「325MHz DDR MEMORY」(DDR650MHz)という表記が見える。従来の“RADEON 9600 XT”のコア、メモリクロックはそれぞれ500/600MHzとなるので、どちらも若干スピードが速くなっているようだ。



BGAタイプのSAMSUNG製 「Half-Life 2」
BGAタイプのSAMSUNG製“K4D263238E-GC2A(最大700MHz駆動)”を搭載「Half-Life 2」(フリーダウンロードチケット)付きで1万9800円は安い

 実際にカードを見てみると、先に発売されたVRAM128MB版(バルク版も発売されている)の「ATLANTIS RADEON 9600XT」とほとんど同じに見える。搭載するメモリもやはり128MBと同じBGAタイプのSAMSUNG製“K4D263238E-GC2A(最大700MHz駆動)”で変わらない。もともと、VRAM128MB版の「ATLANTIS RADEON 9600XT」はATI純正の“RADEON 9600 XT”カードより高速なメモリを採用していただけに、搭載メモリのスペックという点では変わらないことになる。ただし、コアクロックは532MHzに引き上げられ、パッケージにもその旨が明記されているので、購入するユーザーにとっては分かりやすい。
 販売価格も1万9800円で「Half-Life 2」(フリーダウンロードチケット)付きと、通常の「ATLANTIS RADEON 9600XT」やそれらのバルク版とほとんど同価格帯なので、人気の製品となりそうだ。



「XIAi9600XT-DV128」 パッケージ
XIAiの「XIAi9600XT-DV128」パッケージの写真と中身の製品は異なるので、注意が必要

 また同時に発売されたXIAiの「XIAi9600XT-DV128」だが、こちらはATIの純正品に似た赤い基板を採用した製品だ。ただしこの製品も前述の「ATLANTIS RADEON 9600XT FIREBLADE」、または128MB版「ATLANTIS RADEON 9600XT」と同様に、搭載するメモリはBGAタイプのSAMSUNG製“K4D263238E-GC2A(最大700MHz駆動)”となっている。同社サイトによるとメモリクロックは650MHz(コアクロックは500MHz)と記載されているので、こちらも公式の仕様を上回るメモリクロックということになる。
 そのほか、「Half-Life 2」(フリーダウンロードチケット)が付くほか「目指せ!1億円現金キャッシュバック・キャンペーン」の対象製品であるため、期間中であれば2000円のキャッシュバックを受けることができる。販売しているのはこちらもT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は1万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ