このページの本文へ

DDIポケットと日立、法人向けモバイルサービスでインターネットグループウェア“BROADNETBOXER”を提供

2003年11月27日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディーディーアイポケット(株)と(株)日立製作所は27日、DDIポケットのモバイルソリューションサービス“H” Virtual Office(エッジバーチャルオフィス)”において、日立のASP(Application Service Provider)型インターネットグループウェアサービス“BROADNETBOXER(ブロードネットボクサー)”の提供を12月1日に開始すると発表した。提供するメニューは、“BOXER GROUP+1(ボクサー グループプラスワン)”で、料金は月額9500円(30ID)から(通信料金は含まず)。DDIポケットの法人向けホームページで申し込みを受け付ける。

『BOXER』は、SOHO/中小規模の企業、大企業の部門間/本支社間で利用できるインターネットグループウェア。主要機能は、スケジュール/アドレス/メモ/TODO管理、簡易ワークフロー、機器/施設予約、ファイル共有、掲示板/回覧板、企業間/部門間情報共有/グループ管理など。ストレージオプションなども用意されている。今回、H” Virtual Officeのメニューとして提供することで、AirH”の回収代行サービスが利用でき、通話料とグループウェアの使用料の一括支払いも可能になるという。

両社は今後、コンシューマー向けサービスの提供なども共同で検討するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン