このページの本文へ

InnoVISIONから正体不明の“GeForce 5900 XT”搭載ビデオカードが発売

2003年11月26日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GeForce 5900-XT メモリクロック?
“GeForce 5900 XT”というGPUを搭載したビデオカード「GeForce 5900-XT 128MB(256BIT) with DVI+CRT+TV」パッケージに貼られたシールには「FX5900-XT(700MHz)」という表記も確認できる

 InnoVISIONから正体不明の“GeForce 5900 XT”というGPUを搭載したビデオカード「GeForce 5900-XT 128MB(256BIT) with DVI+CRT+TV」が発売された。“GeForce 5900”の名を冠した新製品でありながら、今回販売を確認したTSUKUMOeX.での価格は2万4999円という、その名に似合わないものとなっている。



パッケージ インターフェイス
“GeForce 5900”の名を冠した新製品の割には、価格が安いインターフェイスはVGA、DVI、TV-Outと普通

 “GeForce 5900 XT”というGPUの情報自体が、現時点でNVIDIAのサイトで確認できないため、詳細についてはまったく不明だ。パッケージに貼られたシールには「FX5900-XT(700MHz)」という表記も確認でき、おそらくはメモリクロックを表していると思われる。価格帯的にはすでに発売されている“GeForce FX 5700 Ultra”と同等レベルとなるが、性能の上ではどのレベルに位置するのかは不明だ。
 カード本体は黒い基板に“Inno3D”の文字が入ったファン、ヒートシンクといういたって普通のもので、前述の“GeForce FX 5700 Ultra”を搭載した製品群とは異なりメモリチップにはヒートシンクを装備していない。NVIDIAからは、やはり最近“GeForce 5600 XT”というこれまた詳細不明のGPUを搭載した製品がいくつか発売されている。ATI“RADEON”シリーズも最近ラインナップを大量に増やしており、今回の製品もそれらに対抗するモデルなのだろうが、もう少しユーザーに分かりやすいラインナップにして欲しいものである。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ