このページの本文へ

クリエイティブメディア、パン/チルト対応のデジタルズームが可能なUSBウェブカメラ『Creative WebCam NX Ultra』など2製品を発売

2003年11月17日 19時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は17日、30万画素CCDを搭載したUSBウェブカメラ『Creative WebCam NX Ultra』と、5.1チャンネル対応の外付け型USBオーディオプロセッサー『Sound Blaster Extigy LE』(新パッケージ)を11月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、WebCam NX Ultraが8300円前後、Sound Blaster Extigy LE(新パッケージ)が1万円前後。

本体 ヘッドセット
ヒンジレバー付きスタンドを採用した本体ハンズフリーヘッドセット
『Creative WebCam NX Ultra』

『Creative WebCam NX Ultra(クリエイティブ ウェブカム エヌエックス ウルトラ)』(WCAMNXU)は、USB接続のウェブカメラ“WebCam NX”のハイエンドモデル。640×480画素(30万画素)のカラーCCDと、約78度の画角のレンズを搭載し、640×480ドットで毎秒15フレーム、352×288ドットで毎秒30フレームに対応しており、静止画はソフトウェア補完を利用すれば最大1280×960ドットに対応する。パン/チルトが行なえるデジタルズーム機能(352×288ドット以下の場合)を利用できる。焦点距離は約15cm~∞。インターフェースはUSB 1.1を採用。本体サイズは幅54×奥行き67×高さ98mm、重量は約130g(長さ1.8mのケーブル込み)。ヒンジレバー付きスタンドを採用しており、本体の可動角は前後約45度、左右360度となっている。製品パッケージには、静止画/動画キャプチャーソフト『Creative PC-CAM Center』と簡易型の動作検知ソフト『Creative WebCam Monitor』、画像編集ソフト『PhotoImpression』などを収録した米アークソフト社製の『ArcSoftソフトウェアスイート』のほか、ハンズフリーヘッドセットが同梱される。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。対応機種はPentium II-266MHz以上を搭載したモデル。

『Sound Blaster Extigy LE』(新パッケージ)
『Sound Blaster Extigy LE』(新パッケージ)

『Sound Blaster Extigy LE(サウンド ブラスター エクステジー エル イー)』(SBXGYLES)は、USB接続の外付け型オーディオプロセッサー。2002年11月に発売した製品を新パッケージとして、低価格化したモデルとなる。基本機能に変更はなく、インターフェースはUSB 1.1に対応する。オーディオクリーンアップやタイムスケーリング、エフェクトなどの機能を搭載するほか、ステレオを5.1chサラウンドに拡張して再生する“Creative Multi Speaker Surround(CMSS)”を搭載する。ソフトによるDolby Digital(AC-3)のデコードも可能で、デジタル(光/同軸)出力へのパススルーに対応。入力端子は、LINE、MIC、DIGITAL(光角型/同軸RCA)、MIDIを装備し、出力端子は、スピーカー×3、ヘッドホン、DIGITAL(光角型)、DIGITAL DIN 5.1ch、MIDIを装備する。電源には専用ACアダプターを利用。本体サイズは幅39×奥行き205×高さ195mm、重量は658.5g。ワイヤレス赤外線リモコンが付属する。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000 Professional(SP2以降)/XP。

併せて、5.1チャンネルスピーカーシステム『Creative Inspire 5.1 5200』とのセット『Sound Blaster Extigy LE 5.1スピーカーセット』(SBXGYLES5.1)をオンラインショップで販売する。同日付けで販売を開始し、“クリエイティブ オンラインショップ”での価格は1万7800円。Sound Blaster Extigy LE単体もオンライン販売を行ない、価格は9800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン