このページの本文へ

シャープ、“Linuxザウルス”の新製品『SL-C860』を発売――日英・英日翻訳ソフトを標準搭載

2003年11月12日 17時00分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は12日、Linux OSを搭載したPDA“ザウルス”『SL-C760』の後継機種として、ビジネス向けにソフトウェアを強化した『SL-C860』を11月末に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は7万円前後。なお、SL-C760は店頭在庫限りで販売終了し、SL-C750は引き続き販売される。

『SL-C860』のインプットスタイル 『SL-C860』のビュースタイル
『SL-C860』のインプットスタイル『SL-C860』のビュースタイル

“USBストレージクラス”対応で
ドライバなしにファイルの読み書きが可能!

SL-C860は、SL-C760と同等の本体にビジネス向けのプレインストールソフトを追加・強化したもの。Linuxザウルスの開発担当者によると、“これまでのLinuxザウルスシリーズは大半がビジネスメインで使用されている”“購入者のうち半数は新規のザウルスユーザーで、PDAをまったく使ったことのない人もそのうちの20%いる”“個人情報管理の端末として使われてきたPDA(パーソナル・データ・アシスタンス)がモバイルでのビジネス用途へと需要が広がってきた”、などのユーザー分析結果を反映したものだという。

SL-C860と『SL-C760』を並べたところ。本体色はシャンパンゴールドに変更された キーボードアップ
SL-C860(右)と『SL-C760』(左)を並べたところキー配列には変更ないが、カーソルキーやアプリケーションボタンの配色を変え、初めて触る人にもPower Onボタンが一目でわかるように赤い文字に変更している

CPUはIntel XScale PXA255-400MHzで従来から変更なく、メモリーはフラッシュメモリー128MB(ユーザーエリアは約65MB)/SDRAM64MB(全域ワークエリア)。液晶ディスプレーは3.7インチVGA(640×480ドット)/6万5536色表示のバックライト付き透過型システム液晶パネル(タッチパネル対応)を採用、メモリーカードスロットはCFカード(TypeII)×1とSDカードスロットを備えるなど、ハードウェアスペックはSL-C760から変更はない。

プレインストールアプリケーション 翻訳これ一本
SL-C860のプレインストールアプリケーション『翻訳これ一本』による翻訳例。なお、写真はいずれも開発中のものであり、ボタンのデザインなどは変更される可能性がある

新たにプレインストールソフトウェアとして、

  • 英日・日英翻訳ソフト『翻訳これ一本』
  • 日本語表示対応PDFビューアー『QPdf』『qpdf-japanese』
  • データベースソフト体験版
  • ゲームソフト体験版(『麻雀~蒼天牌』『上海』)
  • コンテンツ配信サービス用クライアント『AirCompass』
  • USBストレージクラスドライバー

などを追加している。

翻訳これ一本は、標準搭載の(株)アクセス製ウェブブラウザー『NetFront v3.0』で範囲選択して、液晶画面の右下(横長表示状態)の翻訳ボタンをタッチすると英語のウェブページが日本語に、日本語のウェブページが英語にそれぞれ翻訳される。

AirCompassは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(株)(NTT-BP)が私鉄駅などで提供するコンテンツ配信サービス“@irBitway”(エアビットウェイ)を受信するためのソフト。

USBストレージクラスドライバーは、Windows Me/2000/XPでドライバーの組み込みなしにザウルスに装着したメモリーカードの内容を読み書き可能にするためのデバイスドライバー。外出先などで急にザウルスのCF/SDメモリーカードを参照する場面で有効な機能だという。本体内のフラッシュメモリーの参照やPIMデータの同期などは、従来同様、専用ソフト『ザウルスドライブ』で行なう。

歴代のLinuxザウルスシリーズを並べたところ
歴代のLinuxザウルスシリーズを並べたところ。右が今回発表されたSL-C860、中央上がSL-C760、下はSL-C750、左は初代のSL-C700

なお、開発担当者に今後のLinuxザウルスシリーズの展開について聞いたところ、「シャープでは“システム液晶”“通信技術”“3D液晶”“モバイル放送”などのシーズ(種)を持っている。ザウルスでも3D液晶パネルを搭載して動作するところまでは確認している。通信技術については、携帯電話事業との協業を図っていき、将来はザウルスでTVを見るモバイル放送も視野に入れている。ザウルスを、ユビキタス時代をリードするマシンにしていきたい」と抱負を語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン