このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

リコー、18万8000円のA3カラーレーザープリンター『IPSiO CX6100』など2機種を発売

2003年11月06日 00時00分更新

文● 編集部

(株)リコーは6日、普及タイプのA3カラーレーザープリンター『IPSiO CX6100』と、上位モデルの『IPSiO CX6600』の2機種を21日に発売すると発表した。価格は、『IPSiO CX6100』が18万8000円、『IPSiO CX6600』が21万8000円で、本体の低価格を図ったほかランニングコストも低減したのが特徴。

『IPSiO CX6600』
『IPSiO CX6600』

『IPSiO CX6100』は、2002年6月に発表した『IPSiO Color 6000』の後継機種。連続プリント速度(A4横)は、カラーが毎分8枚、モノクロが毎分36枚で、モノクロのプリントが従来モデルの毎分32枚から36枚に高速化されている。コントローラーのCPUはRM5261A-250MHzを搭載。両面印刷(オプション)を行なってもページあたりの連続出力速度は片面と同じという。ファーストプリント(A4横)は、カラーが18秒、モノクロが7.5秒。標準で350枚(250枚+手差しトレイ100枚)の給紙に対応する。解像度は最大1800×600dpi。プリンター言語は“RPCS”を採用しており、オプションでAdobe PostScript 3にも対応可能。搭載フォントは、明朝体L/プロポーショナル、ゴシックB/プロポーショナル、AR-RICHO、CN-RICHO、TN-RICHOなど約10種類で、TrueTypeフォントは日本語20書体が付属する。

インターフェースは、双方向パラレル(IEEE 1284)、10/100BASE-TX、USB 2.0を搭載し、オプションでIEEE 802.11b準拠の内蔵型無線LANカードや、IEEE 1394カードも装着可能。オプションの『BMLinkSモジュール タイプA』(価格は1万円)を装着すれば(社)ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)が策定した『BMLinkS統合プリンタドライバ』からの出力も行なえる。電源はAC100Vで、消費電力は最大1200W(予熱モード時100W以下、省エネモード時9.5W以下)。本体サイズは幅540×奥行き670×高さ470mm、重量は約59kg。ランニングコストも低くなっており、A4サイズの場合、フルカラーで1枚約12.2円、モノクロで約3.1円となっている。

上位モデルの『IPSiO CX6600』は、2002年6月に発表した『IPSiO Color 6500』の後継機種。コントローラーのCPUは『RM7065A』で、動作クロック周波数が従来の250MHzから300MHzに高くなり、カラーの連続プリント速度(A4横)が毎分10枚に高速化されたほか、ファーストプリントも18秒に短縮されている。インターフェースは、10/100BASE-TX、USB 2.0を搭載し、オプションでIEEE 802.11b準拠の内蔵型無線LANカードや、IEEE 1394、Bluetoothにも対応。電源はAC100Vで、消費電力は最大1200W(予熱モード時100W以下、省エネモード時13.5W以下)。本体サイズは幅636×奥行き670×高さ470mm、重量は約59kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン