このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

IIJ、IPネットワーク上でL2ネットワークを構成&管理する基礎技術“IP*VLAN”を開発

2003年11月05日 19時54分更新

文● 編集部

(株)インターネットイニシアティブは5日、既存のIPネットワーク(レイヤー3)上で、レイヤー2ネットワークを構成し、管理する基礎技術“IP*VLAN”を開発したと発表した。

同技術は、既存のIPネットワークに、IP層(レイヤー3)で動作するリモートブリッジ技術(VTunやL2TPv3など)を利用して仮想的なレイヤー2ネットワークを設定する“IPリモートブリッジ”と、仮想的なレイヤー2ネットワークに対するクライアントのアクセス制御とクライアントからのサービス利用制御を行なう“アクセスコントロール機能”を提供するもの。これにより、従来VPN(Virtual Private Network)を利用していた拠点のネットワークや、インターネットを利用したモバイル環境に対して、VLAN(Virtual LAN:仮想LAN)による手法を適用できるようになるという。

仮想ネットワークへのアクセスとその制御 仮想ネットワーク上のクライアントからのアクセス制御
仮想ネットワークへのアクセスとその制御仮想ネットワーク上のクライアントからのアクセス制御
“IP*VLAN”利用イメージ

同社では、複数の場所に設置された無線LAN基地局の一括管理や、建築現場など小規模拠点で利用者を限定したい場合の管理、工場出荷時の設定がプライベートアドレスになるようなアプライアンス(専用機)のリモートメンテナンスなどに利用できるとしており、今後、IP*VLANの製品化からサービス化に向け、アライアンスパートナーを募集するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン