このページの本文へ

NECパーソナルプロダクツ、ファンレスサーバー“NETBRAIN”にCrusoe TM5800-1.0GHz搭載の新モデル『CS58-203』を追加

2003年10月31日 21時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NECパーソナルプロダクツ(株)は31日、“ファンレス”“省電力”“省スペース”化を図った小型サーバー“NETBRAIN(ネットブレイン)”の新モデルとして、米トランスメタ社のCrusoe TM5800-1.0GHzを搭載した『CS58-203』を追加すると発表した。同日付けで受注を開始する。同社の直販サイト“システムイン米沢”でも販売し、直販価格は19万9000円(OSなし)。11月17日に出荷開始の予定。

『CS58-203』
『CS58-203』

『CS58-203』は、従来モデルからCPUを高速化したことで処理能力が約20%向上したのが特徴。メインメモリーが2倍の640MB、グラフィックスメモリー(VRAM)も2倍の16MBに増やされているほか、HDDは120GB(80GB×2、RAID対応)を搭載。組み込みOSであるWindows XP Embeddedや、シリコンディスク(3.5インチIDE)による“HDDレス”にも対応した。グラフィックス機能はカナダのATIテクノロジーズ社のMOBILITY RADEON(M6)を採用する。インターフェースは、10/100BASE-TX、USB 1.1×2、シリアル、パラレルを装備する。拡張スロットは、PCI×2、PCカード(Type II×2またはType III×1)、PS/2×2などを搭載する。電源はAC100Vで、消費電力は最大50W。UPS機能を搭載する。本体サイズは幅145×奥行き240×高さ220mm、重量は約5.8kg。Windows XP Professional/2000 Professionalをプレインストールした場合の直販価格は22万4000円。

同社では、SOHO/個人ユーザー向けに販売するほか、OEM向け供給や、カスタマイズにも対応するとしている。なお、TM5800-800MHzを搭載した従来モデルも継続販売する。同社では今後1年間に5000台の販売を計画しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン