このページの本文へ

VIDEOh! DVD+TV USB2.0/AVC-2310

VIDEOh! DVD+TV USB2.0/AVC-2310

2003年10月30日 02時13分更新

文● 伊藤 裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VIDEOh! DVD+TV USB2.0/AVC-2310

アダプテック

オープンプライス(予想実売:2万2800円前後)

リモコンが付属して実売2万円台前半という低価格TVチューナユニット。ハードウェアエンコーダを搭載し、DVDオーサリングソフトやビデオ編集ソフトも付属。コストパフォーマンスの高さが魅力だ。

VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310アダプテックのTVチューナー&MPEG-2エンコーダーユニット「VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310」。
「MTU2400/MTV1200HX」レビュー 「アナタにもできるPC使いこなし講座 第1回:PCのホームAVサーバ化計画」レビュー
カノープスからTVチューナユニットが登場!「MTU2400/MTV1200HX」レビュー。写真をクリックすると当該レビュー記事に移動します。「アナタにもできるPC使いこなし講座 第1回:PCのホームAVサーバ化計画」レビュー。
「PC-MV5/U2」レビュー

 PCにTV番組の視聴・録画機能を追加するUSB 2.0接続のTVチューナユニットには、大きく分けるとカノープス「MTU2400」(実売4万円前半)をはじめとするハイスペックモデルと、メルコ「PC-MV5/U2」(実売2万円前半)のようにプライスバリューでアピールする低価格モデルがある。

 アダプテックから登場した「VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310」(以下、AVC-2310)は後者に属するタイプのTVチューナユニットだ。実売2万2800円という価格ながら、TV番組の視聴・録画はもちろん、DVDオーサリングソフトの付属によりDVDビデオ作成までできる。コストパフォーマンスの高さが最大のウリだ。



背面写真1 背面はUSBポートにアンテナ入力、電源とシンプルな構成。ビデオ入力端子は前面にある。

 AVC-2310の本体ユニットが搭載するMPEGハードウェアエンコーダはLSI Logicの「DVxcel」で、ビットレートはビデオ・オーディオを合わせた状態で最大10Mbpsまでサポートしている。同価格帯の競合製品は15Mbpsまで設定できるものが多いだけに、スペックを競合製品と横並びで比較すると厳しいところだ。だが、MPEG-2でフレームサイズに720×480ドットを選択した場合、ブロックノイズの発生を効果的に抑えられるビデオビットレートの目安はおよそ8Mbps程度といわれる。多くのケースではビデオビットレートをそれ以上にしても映像品質が劇的に向上することはない。AVC-2310ではビデオビットレートを最大で約7.8Mbpsまで設定できることから、よほどのこだわり派でもない限り気になることはないだろう。普及価格帯のTV・ビデオを使う感覚で導入するなら、十分な品質を有している。

基板
写真2 基板中央部にある大きなLSIはLSI LogicのMPEGエンコーダ「DVxcel」。TVチューナはPhilips製だ。

 基本スペックで気になる部分は、ビットレートの上限よりもむしろCBR(固定ビットレート)にしか対応しない点だろう。VBR(可変ビットレート)は映像録画時のファイルサイズを小さくできるメリットがあるだけに、ぜひとも対応してほしかったところだ。

InterVideo「WinDVR3」
画面1 TVの視聴・録画を行うInterVideo「WinDVR3」。パネルは最低限必要なボタンのみといたってシンプル。

 TVの視聴と録画はInterVideo「WinDVR 3」で行う。操作はソフト上からはもちろん、付属のリモコンからも一部の操作(TVのチャンネル変更、タイムシフトコントロール、音声のボリューム変更など)が可能だ。番組録画やビデオ入力の切り替えに対応しないのは不満だが、競合する低価格モデルにリモコンが付属するものはないので大きな魅力だ。

サンプル写真(PC-MV5/U2) サンプル写真(VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310)
サンプル写真。メルコ「PC-MV5/U2」。サンプル写真。VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310。
画面2、3 メルコ「PC-MV5/U2」(左)との画面比較(右がAVC-2310)。どちらもビデオビットレートを6Mbpsに設定しての結果だ。メルコのPC-MV5/U2はVBRのみのサポートとなるためまったく同じ設定での比較ではないが、AVC-2310は明るくハッキリとした傾向があることが分かる。

 またDVDオーサリングソフトとしてSonic「MyDVD 4」、ビデオ編集ソフトとしてArcSoft「ShowBiz」が付属する。パッケージ単体で購入すれば、それだけで8000円程度はするものでお得感が高い。

VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310の主なスペック
製品名 VIDEOh! DVD+TV USB 2.0/AVC-2310
接続インターフェイス USB 2.0
ビットレート 10Mbps(ビデオ・オーディオ)
ビデオフォーマット MPEG-2
フレームサイズ 720×480ドット
ビデオビットレート 1953~7812Kbps(CBR)
オーディオフォーマット リニアPCM
オーディオサンプリングレート 48/44.1/32kHz
対応OS Windows 2000/XP
付属ソフト WinDVR3、MyDVD4、ShowBizほか

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン