このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CMにはキスシーンも!? ソニー、ウォークマンのイメージキャラクターに柴咲コウとオダギリ ジョーを起用!

2003年10月23日 23時15分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソニーマーケティング(株)代表取締役社長の宮下次衛氏
“カラーには物語がある”をキーワードに広告展開していくMDウォークマン『MZ-E620』

ソニーマーケティング(株)は22日、秋冬シーズンに展開していく“2003 autumn-winter WALKMAN & SoundGateキャンペーン”について記者発表を行なった。発表会の冒頭に登場したソニーマーケティング(株)代表取締役社長の宮下次衛氏は「今年の年末商戦はソニーから大型商品が目白押し。HDD&DVDレコーダーのスゴ録しかり、PSXしかり…。これらの商品はソニーの技術力を結集した高性能、高機能、高い操作性を揃えた製品だが、密かにビジネスの拡大を期待しているのがウォークマン、サウンドゲートに代表されるパーソナルオーディオ商品」であると挨拶。

ウォークマンのプロモーションといえば、ヘッドホンを装着して音楽を聴いている猿のCMが思い出される。宮下氏は今回のプロモーションに関して、当時のCMを思い出しながら次のように語った。「あれは1987年だったと思う。当時、私はウォークマンのマーケティングの責任者をやっていて、あのときはまだテープのウォークマンだった。宣伝企画会議の時に今回のウォークマンはチョロ松君という猿を使って宣伝をするという意見が出て、猛反対したのが私。しかし、大変話題を呼び広告大賞をもらう結果になった。現在、宣伝担当の役員をやっているが、あれ以来ウォークマンに関してはいっさい口を挟まないようにやってきている(笑)。今回のプロモーションは私が口をはさまなかったせいか、若い方から見ると非常に心に感じるように仕上がっていると感じる(笑)」とふりかえった。また、「ウォークマンという商品は我々ソニーにとっては大変意味深い商品だ。ソニーブランドへの入り口の商品とも言えるもので、ますます進歩させていかなければいけない」と付け加えた。

同社ではすでに、CDウオークマン『D-NE900』『D-NE10』『D-NE800』、サウンドゲート『LAM-Z03』、MDウォークマン『MZ-E620』『MZ-E720』を発表済みだが、キャンペーンとして広告展開していくのはCDウオークマン『D-NE900』、サウンドゲート『LAM-Z03』、MDウォークマン『MZ-E620』の3製品。会場ではまず、これら3製品についての説明がなされた。



MDウォークマン『MZ-E620』
CDウオークマン『D-NE900』
サウンドゲート『LAM-Z03』

MDウォークマン『MZ-E620』は10日に発売になった製品。「カラーには物語がある」をキーワードにTVCMや雑誌広告を展開していくモデルで、シルバー、ブルー、レッド、グリーン、ブラックのカラーバリエーションを取り揃える再生専用機。S/M/Lといった3サイズの密閉型のインナーヘッドホンが付属する。MDLPモードでも高音質が楽しめるATRAC/ATRAC3 DSP TYPE-Sを搭載。6バンドイコライザーを搭載する。リモコンはカナ表示対応のスティックコントローラー。複数の曲をグループに分けて整理するグループ機能に対応し、充電スタンドが付属する。サイズは幅75.6×高さ81.2×奥行18.7mm。

サウンドゲート『LAM-Z03』は21日発売のNet MDデスクトップオーディオシステムでキーワードは「デザインには物語がある」。TVCMおよび雑誌広告を展開していく。本体には縦型のCD/MDスロットを搭載することで、スピーカーとあわせても設置面積がA4サイズという省スペース設計となっている。背面にはUSB端子を装備することによって、HDD上の音楽ファイルをMDへ転送可能。その際の転送速度は約32倍速(LP4ステレオ録音モードのATRAC3/66kbps)。スピーカーは8cmのフルレンジスピーカーに加え、2.5cmのツイーターを新たに搭載している。また、そのツイーターからの高音域成分にのみ信号を加算することで、音のゆがみを最小限にしたという新開発の“マトリックスサラウンド”を搭載しているのも特徴だ。本体上部に搭載される液晶ディスプレーは2行表示で、漢字ひらがな表示対応となっている。サイズは幅284×高さ210×奥行き197mmとなっている。カラーはシルバー、ホワイト、ブラックの3種類。

ソニーマーケティング(株)マーケティングコミュニケーションセンター宣伝企画部モバイルソリューショングループ統括課長の山本信彦
プロモーションスケジュール

CDウォークマン『D-NE900』は11月10日発売予定の製品。雑誌広告に「フォルムには物語りがある」をキーワードとしたアピールを展開していく商品で、カラーはシルバー、ブルー、ブラックの3種類。ボディにはアルミニウムを採用。液晶ディスプレーは4行漢字表示対応。通常のオーディオCDに加え、ATRAC3plus/ATRAC3、MP3フォーマットのCD-R/RWが再生可能だ。オリジナルCD作成ソフトとして『SonicStage Simple Burne』が付属する。充電スタンドと英数表示対応のスティックコントローラーも付属する。サイズは幅127×奥行き23.8×高さ139.4mm。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン