このページの本文へ

アイ・オー、MPEG-4ネットワークビデオサーバー“ブロードストリーム”の新モデル『TSR-MS4R』を発売

2003年10月22日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は22日、映像と音声をMPEG-4形式に変換してリアルタイムでストリーム配信できるビデオサーバー“ブロードストリーム”の新モデルとして『TSR-MS4R』を発売すると発表した。11月下旬に出荷の予定で、価格は5万5500円。

『TSR-MS4R』『TSR-MS4R』

『TSR-MS4R』は、(株)メガチップス製のMPEG-4エンコーダーチップ『MA55132』を採用し、ARコーティングレンズと1/5インチカラーCMOSセンサー、マイクを搭載したビデオサーバー。配信できる映像の解像度は最大352×288ドット、最大フレームレートは毎秒30フレーム。デジタルズームが可能で、拡大表示のパン/チルトも行なえる(左右/上下3方向切り替えの疑似表示)。Windows Media Serverによる動画中継にも対応している。配信映像は、ネットワークを経由してWindows Media Player 9(ASF)やQuick Time Player 6.3(RTP)で再生できるほか、連続したJPEG画像の疑似動画をiモードやFOMA対応端末から見ることもできる(iアプリを搭載)。“Dynamic DNS”にも対応。同時アクセス数は最大5アクセスで、セキュリティーにはIDとパスワードを利用する。

入力端子としてコンポジットビデオと音声ラインも装備する。LANインターフェースは10BASE-T。拡張スロットはCF+(Type II)準拠×1を装備しており、CFメモリーカードやマイクロドライブのほか、無線LANカードやPHSデータ通信カードも利用できる。本体サイズは幅50×奥行き70×高さ180mm、重量は約390g。対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX、Macintoshで、LANポートを搭載したモデル。対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me 98 SE、Mac OS X 10.2以降。IP設定ユーティリティーソフト、ストレートLANケーブル(長さ1.5m)、クロスLANケーブル(長さ1m)、RCAライン入力変換アダプター、ACアダプターが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン