このページの本文へ

“RADEON 9100 IGP”搭載マザーがついにデビュー!第一弾はSapphire製「AXION 9100IGP」!!

2003年10月18日 18時29分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AXION 9100IGP
Sapphire製「AXION 9100IGP」

 FSB800、デュアルチャンネルDDR400、Hyper-Threading機能をサポート、さらにDirectX 8.1対応VGAを統合するという話題のATI製Pentium 4用チップセット“RADEON 9100 IGP”を搭載したマザーボードがついに発売された。第一弾となったのはSapphire製「AXION 9100IGP」だ。



ファンレス IXP 150
最新のPentium 4に対応したチップセットでありながら“RADEON 9200”相当とも言われる高性能なVGA機能を内蔵するのが特徴の製品だ

 “RADEON 9100 IGP”は、最新のPentium 4に対応したチップセットでありながら“RADEON 9200”相当とも言われる高性能なVGA機能を内蔵するのが特徴の製品。先月行われたWPC EXPO 2003でも多数のメーカーが展示するなど、注目度も高く発売を待ちわびていたユーザーも少なくないはずだ。



RADEON9200 マニュアル
パッケージにはRADEON9200(RV280)という記述もサポートするCPUにはPlescottという文字も見える利が…
TV出力ブラケット 拡張スロット
S端子/コンポジットを装備したブラケットが別途付属するのでTV出力に対応する主な仕様はMicro ATXタイプの製品としては一般的な構成だ

 そんな中、発売されたのが今回の「AXION 9100IGP」。フォームファクタはMicro ATXで、組み合わされるSouth bridgeは“IXP 150”となっている。拡張スロットはAGP×1、PCI×3、DDR DIMM×2というMicro ATXタイプの製品では一般的な構成となっている。オンボードインターフェイスはチップセット内蔵のVGA機能のほかは、サウンドと10/100Baseイーサネット機能のみとシンプル。ただし、従来の“IGP”マザー同様にS端子/コンポジットを装備したブラケットが別途付属するので、TV出力に対応する点は見逃せない。
 販売しているショップによると、売れ行きの方はぼちぼちといった様子。「近々と登場すると思われるASUSTeK製品待ちというユーザーが多いのでは?」という声もいくつか聞かれた。もちろんコストパフォーマンスという点では今回の「AXION 9100IGP」も魅力的な製品で、ボード選択の際には有力な候補となるだろう。そういう意味では、息の長い製品になりそうだ。


価格 ショップ
Sapphire
「AXION 9100IGP」
\11,980 コムサテライト3号店
\12,270 クレバリー1号店
\12,680 T-ZONE.PC.DIY SHOP
\12,700 フェイス
\12,780 アーク
\12,799 ツクモパソコン本店
\12,799 TSUKUMOeX.
\12,950 DOS/V パラダイス本店
\12,980 ZOA秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ