このページの本文へ

デジオン、5.1チャンネルDVD作成にも対応したオーサリングソフト『DigiOnAuthor3』を発売

2003年10月16日 21時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)デジオンは16日、DVDオーサリングソフト『DigiOnAuthor3(デジオンオーサー3)』を11月28日に発売すると発表した。価格は1万9800円。

『DigiOnAuthor3』『DigiOnAuthor3』

『DigiOnAuthor3』は、DVDオーサリングソフト“DigiOnAuthor”シリーズの最新版で、メインメニューやチャプターメニューを始めとするメニューのリンク状況を表示する“リンクマップ”や、MPEG-2ファイルの設定/操作を行なうMPEG-2ツール、スライドショー作成などの新機能を搭載するほか、ドルビーデジタル5.1チャンネルの音声素材を用意すれば5.1チャンネルDVD-Video作成も行なえるのが特徴(ドルビーデジタルエンコード機能は非搭載)。DVD-Video形式のディスクからチャプター単位でビデオファイルを抽出したり、DVD-Video形式のMPEG-2ファイルを再エンコードせずにDVDを作成したりといったことも行なえる。動画メニューにも対応。また、DigiOnAuthor3を起動すると、画面に表示される手順に従って操作すればDVDオーサリングが完了する“NAVIダイアログ”を搭載する。MPEGエンコーダーは、作業時間や画質など、用途により使い分けられるように、米Ligos社の『GoMotion!』と、(株)ペガシスの『TMPGEnc』の2種類を搭載したという。そのほか、オリジナルディスクラベル作成機能も用意されている。

キャプチャーは、DVとアナログに対応。ファイル形式は、読み込みが、AVI、MPEG-1/-2、BMP、PNG、JPEG、WAVE、MPEG Audio Layer-2、Dolby Digitalで、書き出しがDVD-Video、MPEG-2。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000 Professional/XP。CPUにCeleron-600MHz以上/Pentium III-500MHz以上を搭載した機種が必要。対応機器はホームページに順次掲載するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン