このページの本文へ

マルチドライブつなが~るKIT

マルチドライブつなが~るKIT

2003年10月14日 01時49分更新

文● 沢渡 円

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マルチドライブつなが~るKIT

ノバック

オープンプライス(実売価格:6000円前後)

マルチドライブつなが~るKIT
「マルチドライブつなが~るKIT」。
MobileRack PRO OWL-MRS42A-UAE/SATA exDrv
早くも登場したシリアルATA対応のHDDケース オウルテック「MobileRack PRO OWL-MRS42A-UAE/SATA」レビュー。写真をクリックすると当該記事に移動します。ATAPI機器をIEEE1394で接続できる外付けドライブケース ノバック「exDrv」レビュー。写真をクリックすると当該記事に移動します。

 IDE HDDや光学ドライブのインターフェイスを、IEEE1394、USB 2.0に変換して利用する使い方は、今や非常に一般化している。最近の周辺機器メーカーの外付けドライブ製品はほとんどこのタイプだし、ケースや変換コネクタだけで売られていることも多い。しかし、誰もが考えそうで、実はなかった製品がノバックからリリースされた。「マルチドライブつなが~るKIT」というこの製品、IDEのマスター&スレーブ接続を利用し、2台のIDE機器を1つのIEEE1394コネクタで接続してしまうという代物だ。



本体とIDEデバイスの接続
コネクタ本体を1台目の機器に差し込み、もう1台の機器とは付属のIDEケーブルで接続する。

 ハッキリ言って、見たまんまの製品なので、これ以上説明することはあまりないが、用途はいろいろ考えられる。例えば、IDEポートが埋まってしまったPCにHDDを増設したい場合でも、これなら一気に2台接続できる。また、ATAPI機器ももちろん利用できるので(HDDとの混在も可)、複数マシンでの光学ドライブの使いまわしにも便利そうだ。



ハードウェアのプロパティ画面
IEEE1394コネクタは2つあるが、片方はデイジーチェーン用。PCとはケーブル1本の接続で2台のIDE機器を認識できる。

 若干の問題があるとすれば、高速HDDを繋いだ場合でもリードが20MB/秒弱程度にしかならない変換効率の悪さで、常用的にHDDを接続するには若干不満が残るはず。しかし、あると何かと役に立つこの手の製品は、実売5000~6000円程度というお手軽に買える価格のほうが重要なのだ。

マルチドライブつなが~るKIT(NV-FA1000)の主なスペック
製品名 マルチドライブつなが~るKIT(NV-FA1000)
対応OS Windows 98SE/Me/2000/XP
インターフェイス IEEE1394(6ピン)×2、IDE
サイズ 38(W)×95(D)×30(H)mm
重量 約43g(本体のみ)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中