このページの本文へ

FILCOからメカニカルタイプのコンパクト日本語キーボードが発売

2003年10月08日 20時56分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FKB89J」

 FILCOから、10キーのないコンパクトタイプの日本語キーボード「FKB89J」が発売された。今年6月に同社から発売された「FKB86E」の日本語版にあたるが、実はほぼ同等の製品がかつてJustyから「JKB-89S」の名で販売されており、事実上その再販ということになる。



『Ctrl』キーは『A』キーの横
『Ctrl』キーは『A』キーの横

 Justy「JKB-89S」に対しカラーリングはアイボリーからホワイトに変更され、またキートップの表示も、刻印通りに入力されないものが削除されている。サイズは324(W)×170(D)×32(H)mm、キー数は型番の通り89。キーピッチは19mmでキーストロークは3.5mmというのは「FKB86E」と同様。『Ctrl』キーは『A』キーの横に配置されている。インターフェイスはPS/2でケーブル長は1.7M。価格は高速電脳で5480円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ