このページの本文へ

インテル、L3キャッシュが1MBのデュアル対応Xeon-3.20GHzを発表

2003年10月07日 19時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は7日、デュアルプロセッサーサーバー/ワークステーション向けプロセッサー『インテル Xeon プロセッサ 3.20GHz/1Mバイト L3キャッシュ』を発表した。量産出荷を開始しており、価格は1000個受注時の単価が9万6340円。

同製品は、動作周波数が3.20GHzで、533MHzのシステムバスに対応し、1MBのL3キャッシュメモリーを搭載したのが特徴。対応チップセットはE7501とE7505。

『インテル Xeon プロセッサ』
『インテル Xeon プロセッサ』

同社では、国内外の主要システムメーカーやサーバー関連メーカーが、搭載システムを近日中、あるいは数ヵ月以内に発表する予定としており、同日付けでデルコンピュータ(株)が、ワークステーション『Dell Precision Workstation 650』『同 450』の販売を開始したと発表した。Dell Precision Workstation 650のデュアル構成(推奨構成)の価格は59万8800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン