このページの本文へ

ラトックシステムからアルミ製5インチ用外付けケースが3種類発売に!SCSIモデルも!

2003年10月03日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ラトックシステム 3種類
筐体にアルミを採用した5インチ用外付けケースUSB2.0/IEEE1394/SCSIの3種類がラインナップ

 ラトックシステムから、筐体にアルミを採用した5インチ用外付けケースが登場した。接続インターフェイスの違いにより、それぞれUSB2.0/IEEE1394/SCSIの3種類が用意されている。



SCSIモデル 付属
今になってSCSIに対応した製品が発売されるのはめずらしいWideと Narrowの両方が付いてくるので、接続デバイスにあわせて選択が可能だ

 3モデルともアルミを使用したデザインや縦置き/横置き両対応のところ、さらにフロント中央に40mm角の冷却用ファンを装備している点などは同じだ。また横置きで使用する際には、数台重ねての設置が可能としている。
 SCSIモデルの「RS-SCEC5AL」には、SCSIコネクタ付ケーブルとSCSI-IDスイッチがセットになったコネクタキットが付属するが、50ピンのUltra SCSIのほか68ピンのUltra160/320 SCSIが用意されているのが特徴。価格はUSB2.0対応の「RS-U2EC5AL」がコムサテライト3号店で9500円、TSUKUMOeX.で9979円、IEEE1394対応の「RS-FWEC5AL」がコムサテライト3号店で1万1400円、TSUKUMOeX.で1万979円、SCSIに対応の「RS-SCEC5AL」がコムサテライト3号店で1万4200円、TSUKUMOeX.で1万4799円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ