このページの本文へ

バッファロー、505i対応カードリーダー/ライターやスイッチングHubを発売

2003年10月02日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは2日、NTTドコモの505iシリーズで利用されているminiSDカード専用とメモリースティックDuo専用のメモリーカードリーダー/ライター『MCR-MINISD』『MCR-MSDUO』、および10/100BASE-TX対応のキータイプのUSBインターフェース『LUA-U2-KTX』、スイッチングHub『SW-TX-5NS』(5ポート)、『LSW-TX-8NS』(8ポート)、『LSW-TX-16NP』(16ポート)、『LSW-TX-16NSR』(16ポート)を発売すると発表した。

『MCR-MINISD』 『MCR-MSDUO』
『MCR-MINISD』『MCR-MSDUO』

『MCR-MINISD』はminiSDカード専用のメモリーカードリーダー/ライター。64MBのminiSDカードまで対応する。インターフェースはUSB 1.1で、USBバスパワーで動作する。消費電流は最大100mA。本体サイズは500円玉とほぼ同じで、幅30×奥行き54×高さ10mm、重量は13g。ストラップ穴が用意されているほか、保護キャップも付属する。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98、Mac OS 9.0~9.2.2、Mac OS X 10.1以降。価格は2100円。10月中旬に出荷の予定。

『MCR-MSDUO』は、メモリースティックDuo専用のカードリーダー/ライター。メモリースティックDuo(16/32MB)、メモリースティックDuo(MagicGate対応/高速版、32~128MB)、MagicGateメモリースティックDuo(64/128MB)に対応する。インターフェースはUSB 1.1で、USBバスパワーで動作する。消費電流は最大100mA。本体サイズは500円玉とほぼ同じで、幅35×奥行き63×高さ10mm、重量は13g。ストラップ穴が用意されているほか、保護キャップも付属する。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98、Mac OS 9.0~9.2.2、Mac OS X 10.1以降。価格は2400円。10月下旬に出荷の予定。

『LUA-U2-KTX』
『LUA-U2-KTX』

『LUA-U2-KTX』は、10/100BASE-TXに対応したキータイプのUSB 2.0接続LANアダプター。本体サイズは幅41×奥行き67×高さ16mm、重量は12.3g。対応OSは、Windows XP/Me/2000/98 SE/98。インストールをサポートするソフト『LANボ-ドNavigator』と延長ケーブルが付属する。価格は4580円。11月上旬出荷の予定。

『LSW-TX-5NS』
『LSW-TX-5NS』

『LSW-TX-5NS』は5ポートのスイッチングHubで、『LSW-TX-8NS』は8ポートのスイッチングHub。国産の高品質コンデンサー採用しており、安定性と信頼性を向上したのが特徴。フローコントロール(IEEE 802.3x/バックプレッシャー)もサポートする。Auto MDI/MDI-Xに対応し、本体は、『LSW-TX-5NS』が幅153×奥行き83×高さ32mm、重量は430g、金属製の筐体を採用しており、背面のマグネットで壁掛けなども可能。電源はAC100V。消費電力は、LSW-TX-5NSが最大4.5W、LSW-TX-8NSが最大5W。消費電流は100mA。『LSW-TX-5NS』は8ポート版で、本体サイズが幅153×奥行き83×32mm。本体重量は530g。価格は、『LSW-TX-5NS』が3600円、 『LSW-TX-8NS』が4200円。10月下旬に出荷予定。

『LSW-TX-16NP』は、プラスチック筐体と国産のコンデンサーを採用したAuto MDI/MDI-X対応の16ポートスイッチングHub。フローコントロール(IEEE 802.3x)に対応する。電源はAC100V。価格は9300円。『LSW-TX-16NSR』は金属筐体を採用したモデルで、従来の2.5倍の寿命を持つのが特徴。背面マグネットを装備するほか、19インチラックマウントにも対応する。価格は1万600円。ともに11月上旬に出荷の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン