このページの本文へ

クーラーマスターの飛行機エンジンユニットのようなCPUクーラー「JET 7」が突如入荷!!

2003年09月27日 22時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
JET 7
飛行機のエンジンユニットのようなユニークなデザインのCPUクーラー「JET 7」

 先日幕張にて行われた“WPC EXPO 2003”で展示されていたクーラーマスターの新製品が、早くも秋葉原に登場した。発売されたのは、飛行機のエンジンユニットのようなユニークなデザインのCPUクーラー「JET 7」とファンコントローラー兼HDDケースの「COOL DRIVE4」の2製品だ。



背面 レアもの
背面中心部にはジェットの熱を再現するかのような赤いLEDが点灯する日本での正式発売は10月と言われている製品
応募用紙 抽選方式
用意された応募用紙競争率はかなり激しそうだが、早く手に入れたいユーザーは参加するしかない

 今回販売を開始したのは、ツクモパソコン本店。どちらの製品も日本での正式発売は10月と言われている製品なのだが、現在台湾で行われている“COMPUTEX TAIPEI 2003”を訪れた同店のスタッフが「台湾みやげ」と称して持ち帰ったもだ。
 「JET 7」は、以前お伝えしたようにブロアー式ファンを採用した同社の「Aero」シリーズの派生モデルとなる製品だ。デザインは飛行機のエンジンのような形状をしており、前面上部には青白くゆっくりと点滅するLEDが、背面中心部にはジェットの熱を再現するかのような赤いLEDが点灯するというもの。基本的な仕様は、搭載する80mm角のファンの回転数が1900~3500rpmの可変タイプ、風量が12.0~22.1CFM、ノイズレベルが21~41dBとなり、対応CPUはSocket A/370タイプとなっている。
 なお同店によると「在庫が1個のみのため、販売は抽選方式を採用する」という。レジカウンターに用意された応募用紙(TSUKUMOeX.会員NOと氏名、電話番号)に記入し、所定の箱に投函、後は10月3日の発表を待つというものだ。話題の製品のため競争率はかなり激しそうだが、早く手に入れたいユーザーは参加するしかない。価格は4979円となっている。



「COOL DRIVE4(LHD-V04)」 フロント
「COOL DRIVE4(LHD-V04)」、3.5インチサイズのHDDが搭載可能なほか、4チャンネルのファンコントローラも装備
ファンコン部 パッケージ
ファンコントローラはそれぞれVGA/CPU/CASE/HDDに対応するこちらも本格的な流通は10月になってからと思われる

 もうひとつの新製品「COOL DRIVE4(LHD-V04)」は、前面のブルーLEDが特徴的だった「COOL DRIVE3(DHC-U43)」の後継モデルだ。素材はもちろんアルミ製で、3.5インチサイズのHDDが搭載可能なほか、4チャンネルのファンコントローラも装備している。前面の液晶パネルはやはりブルーに光る仕組みで、先に発売されているアナログ3連メーター「Musketeer」と組み合わせて使用すれば、見た目のインパクトは大きいだろう。
 そのほか前面左に搭載するファンには、40mm角(29dB)のものを装備。一方右側に搭載する、4チャンネルのファンコントローラはそれぞれVGA/CPU/CASE/HDDに対応するほか、スイッチ背面は7色に光る仕組みとなっている。今回販売された製品はシルバータイプだが、ほかにブラックのタイプもあるという。価格は8979円となっているが、明日28日まで在庫があるかはかなり微妙な状況だ。



Musketeer パッケージ 間に合うかも
アナログ3連メーター「Musketeer」のブラックモデル未だ日本では未発売の製品だシルバーモデルは在庫がやや多めだ

 最後にアナログ3連メーター「Musketeer」の再入荷をまっていたユーザーに朗報だ。今回前述の2製品を販売しているツクモパソコン本店では、国内未発売の「Musketeer」ブラックモデルも入荷している。価格は5979円となっているが、こちらの在庫も少量となっている。
 またシルバータイプの「Musketeer」は、DOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館に再入荷されている。こちらの価格は5750円、在庫は約10個程度あるようだ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ