このページの本文へ

Athlon 64 FX-51アキバに登場!Athon 64-3200+と共にリテールパッケージで販売開始!!

2003年09月24日 19時03分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Athlon 64 FX-51」 Athon 64 3200+
パッケージ裏 OPN拡大
「Athon 64 3200+」の秋葉原での実売価格は、約5万3000円~5万8000円(価格詳細は以下に掲載)といったところで、これは同社の「Athlon XP 3200+」のリテールパッケージ版とほぼ同じ価格設定

 今日24日発表されたばかりのAthlon 64とAthlon 64 FXが、早くも店頭に並び始めている。発売されたのはSocket 754のAthon 64-3200+とSocket 940のAthlon 64 FX-51でどちらも正規代理店を経由したリテールパッケージ版だ。なおAthon 64-3200+はバルク版ながらも、先々週の12日に対応マザー(MSI「K8T NEO-FIS2R」)とのセットで一度販売されている

 「Athlon 64」は先に登場している「Opteron」と同様、64bitプラットフォームの新CPUだ。0,13μmプロセスで製造され、Socketは新たに754ピンとなる。CPUとチップセット間をつなぐ「HyperTransport」のリンク数は「Opteron」の3本に対して1本となるほか、内蔵キャッシュの容量はL2キャッシュ1MB(L1は64KB)となる。また64bit対応のDDRメモリコントローラーを内蔵するのも特徴で、メモリはアンバッファードタイプのPC1600からPC3200に対応する。なお今回発売された「Athon 64 3200+」の実クロックは2.0GHzとなっている。
 秋葉原での実売価格は、約5万3000円~5万8000円(価格詳細は以下に掲載)といったところで、これは同社の「Athlon XP 3200+」のリテールパッケージ版とほぼ同じ価格設定となっている。マザーとセットで購入するために決して安い買い物とはいえないが、それでも“Athlon”ユーザーが首を長くして待っていた製品であることには変わりは無い。実際にベンチマークを計ったショップ店員の感想も、おおむね好評価でパフォーマンスもそれなりに期待はできそう。さらに本日は新たにGigabyteからも対応マザーが2製品発売されており、今後も各社が続々とリリースしてくると思われる。価格もこなれてくれば、今後おもしろい存在となりそうで、いよいよAMD陣営の反撃が始まりそうだ。



全体 OPN
Socket 940ピンということでピン数でいえばOpteronと同じとなるOPNはADAFX51CEP5AK
SANMAX製 搭載チップはHynix
PC3200(DDR400)対応のレジスタードメモリは貴重かもしれない搭載チップはHynixで価格は1万4762円だ

 もうひとつの新CPU「Athlon 64 FX-51」だが、こちらは実売価格が約9万円中盤から約10万円と非常に高価な製品となっている。よって入荷することはできても、見合わせているショップも少なくないのが実状だ。
 登場前から「Athlon 64 FXのピン数は、Opteronと同じSocket 940かもしれない」などといった情報が出回ったこともあり、話題となっていた同CPU。確かに本日行われた同社の発表では、Socket 940ピンということでピン数でいえばOpteronと同じとなる。もっとも基本的な仕様は、前述の「Athlon 64」に近いものとなっている。両者のちがいは、内蔵するメモリコントローラーのbit数でこちらは128bitということになる。またサポートするメモリもPC1600からPC3200のレジスタードタイプのみとしている。なお今回発売された「Athlon 64 FX-51」の実クロックは2.2GHzとなる。
 同社からすでにサーバー/ワークステーション向けCPUとしてOpteronシリーズが発売されているが、「Athlon 64 FX-51」はデスクトップ向けOpteronとも言える仕様だ。ただ実クロックが同社最高の2.2GHzとはいえ、価格的にはOpteronシリーズを遥かに上回るものとなっている。いわゆる“初物価格”とはいえ、この辺りの価格設定がどうにかならないことには、同CPUの位置付けがいまいちはっきりとしないものとなってしまうだろう。なおPC3200(DDR400)対応のレジスタードメモリはなかなか販売されていないが、OVERTOPではSANMAX製の製品を取り扱っている。「Athlon 64 FX-51」を購入しようと考えているユーザーにとっては、朗報だ。



ポップ
あいにくの雨ということもあってか静かなスタート

 ついに正式発売となった「Athlon 64」だが、実際に販売している秋葉原のショップではあいにくの雨ということもあってか静かなスタートとなっている。売れ行きのほうもぼちぼちといったところで、大量に出回ると見られる今週末が勝負といった印象だ。価格及び販売店は以下の通りとなっている。


価格 ショップ
AMD
Athon 64 3200+(リテールパッケージ)
\52,950 スーパーコムサテライト
\52,950 コムサテライト3号店
\52,999 クレバリー1号店
\53,762 OVERTOP
\53,950 DOS/V パラダイス本店
\52,950 コムサテライト3号店
\54,800 ぷらっとホーム
\54,800 ZOA秋葉原本店
\54,979 TSUKUMOeX.
\57,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
AMD
Athlon 64 FX-51(リテールパッケージ)
\97,999 TSUKUMO eX.
\完売 ZOA秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ