このページの本文へ

米AMD、64bitプロセッサー『Athlon 64 FX-51』など4製品を発表

2003年09月24日 04時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Advanced Micro Devices社(AMD)は現地時間の23日、x86上位互換の64bitプロセッサーの新製品として、デスクトップ/ノートパソコン向けの“Athlon 64”と、デスクトップパソコン向けの“Athlon 64 FX”を発表した。ラインアップは、“Athlon 64”のデスクトップ向け『AMD Athlon 64 3200+』、ノート向け『AMD Athlon 64 3200+』『AMD Athlon 64 3000+』、『Athlon 64 FX-51』の計4製品。価格は、1000個ロット時の単価で、デスクトップ向けとノート向けの『AMD Athlon 64 3200+』が417ドル(約4万7000円)、『AMD Athlon 64 3000+』が278ドル(約3万1000円)、『Athlon 64 FX-51』が733ドル(約8万2000円)。即日出荷される。

“AMD Athlon 64”プロセッサー“AMD Athlon 64”プロセッサー

“Athlon 64”は、“AMD64”と呼ばれるx86拡張アーキテクチャーを採用した64bitプロセッサー。Windowsに対応しており、32bit環境から64bit環境への移行を想定しているのが特徴。“HyperTransport”テクノロジーを採用し、1リンクのHyperTransportリンク(16×16bit)を搭載するほか、64bit対応のDDRメモリーコントローラーを内蔵する。メモリーはPC1600からPC3200に対応。キャッシュメモリーは、1次キャッシュが命令64KB/データ64KBで、2次キャッシュは1MBを搭載する。クロック周波数は2.0GHz。サポートするチップセットは“AMD-8000”シリーズ。ダイサイズは193mm2。0,13μmのSOI(Silicon On Insulator)プロセスで製造され、1億500万トランジスターを集積する。パッケージは754ピンのオーガニックmicro PGA(Pin Grid Array)。独ドレスデンのFab 30で製造される。

Athlon 64のダイ
Athlon 64のダイ。1MBのL2キャッシュメモリーとDDR対応のメモリーコントローラーを搭載

ノート向けAthlon 64は、省電力機能“AMD PowerNow!”を搭載し、対応メモリーはPC2700までとなる。クロック周波数は3200+が2.0GHz、3000+が1.8GHz。ダイサイズと集積トランジスター数はデスクトップ向け製品と同じ。

“Athlon 64 FX”
“Athlon 64 FX”プロセッサー

Athlon 64 FX-51は、パワーユーザー向けのプロセッサー。映画のような環境“Cinematic Computing”を実現するために投入するもので、クラス名を示す“FX”は特殊効果(SFX)の略称などと同じ意味を表わすという。DDRメモリーコントローラーは128bit対応(毎秒6.4GB)で、サポートするメモリーはレジスター付きのPC1600からPC3200まで。クロック周波数は2.2GHz。ダイサイズと集積トランジスター数はAthlon 64と同じ。パッケージはサーバー/ワークステーション向け64bitプロセッサー“Opteron 100”と同じ940ピンのセラミックPGA。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン