このページの本文へ

リコー、ウェブブラウザー上でドキュメント管理が可能なウェブポータルソフト『Ridoc Web Navigator Version2』を発売

2003年09月16日 17時01分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リコーは16日、ウェブブラウザーを利用して文書の登録や保管、検索、印刷などを行なえるウェブポータルソフト『Ridoc Web Navigator Version2』を発売したと発表した。

ユーザーごとによく利用するフォルダーなどを“ホーム画面”に設定することが可能なほか、サーバー上の文書などをサーバー指定のプリンターから直接印刷できる“サーバー印刷”機能や、同じくサーバー指定のFAXから直接送信できる“サーバーFAX”機能を搭載する。

サーバー側の対応OSはWindows 2000 Server/Advanced Server、Windows Server 2003、クライアント側の対応OSはWindows 98/Me/2000/NT 4.0/XP。価格は39万8000円。

さらに、オプションの『Ridoc Web Navigator 変換オプション』(11月中旬発売、価格25万円)をサーバーにインストールすることで、サーバー上の文書などをPDFファイルやTIFFファイルに変換できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン