このページの本文へ

シャープ、“オフィスモード”搭載の15インチXGA液晶ディスプレー『LL-T15G4-H/-B』を発売

2003年09月10日 23時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は10日、15インチ液晶ディスプレー『LL-T15G4-H』と『LL-T15G4-B』の2モデルを発売すると発表した。本体カラーが“フロスティグレー”の『LL-T15G4-H』を10月23日に、ブラックの『LL-T15G4-B』を11月21日に発売する。価格はオープン。編集部による予想販売価格は4万1000円前後。

『LL-T15G4-H/-B』
『LL-T15G4-H』(左)と『LL-T15G4-B』(右)

『LL-T15G4-H/-B』は、輝度が260cd/m2、応答速度が25ミリ秒、コントラスト比が350:1で、視野角が上下135度/左右160度の15インチパネルを搭載する液晶ディスプレー。画素ピッチは0.297mmで、表示解像度は1024×768ドット、約1619万色に対応する。用途や表示する画像に適した表示モードを選択するための“MODE”ボタンが押しやすいように大きくなっており、液晶本来の発色の“標準”モードのほか、原色を鮮やかに表示する“あざやか”モード、輝度を下げて消費電力を18W(音声なし)に抑える“オフィス”モード、色再現性の国際規格に対応した“sRGB”モードを切り替えられる。オートゲインコントロールや、画面色調(色温度)切り替え(5段階)などの機能も搭載する。

インターフェースはアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)とデジタル(DVi-D)の2系統を装備。水平同期周波数は、アナログが24.8k~60.2kHz、デジタルが31.5k~60.0kHzで、垂直同期周波数は、アナログが56~75Hz、デジタルが60~75Hz。本体サイズは幅340.5×奥行き194×高さ336.5mm、重量は約3.6kg。前面にステレオスピーカー(1W×2)を内蔵する。チルトは上25度、下5度まで。VESAフリーマウント(75mm)にも対応する。電源はAC100V。消費電力は最大26W(音声なしでは23W、パワーセーブモードでは2W)。寿命が約5万時間のバックライトを内蔵する。製品パッケージには、アナログ信号ケーブル(長さ約1.8m)、デジタル信号ケーブル(DVI-D、長さ約2m)、オーディオケーブル(長さ約1.8m)、ICCプロファイルを含むWindows/Mac OS対応のユーティリティーソフトを収録したCD-ROMなどが同梱される。

同社では、企業や学校を含む幅広い用途で利用できるスタンダードモデルとして販売するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン